SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

二日間沈黙!最初の報告から対面報告までの10時間、文大統領は何をしていたか…

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、韓国の公務員が行方不明になったと最初に報告を受けた22日午後6時36分から、韓国軍が事件を公式ブリーフィングした24日午前11時までの「41時間」にどのような報告を受けてどんな指示を行ったのか、論争が拡大している。青瓦台(韓国大統領府)は前日、最初の書面報告から真相公開指示まで、文大統領のおおまかな動静と指示を公表した。しかし野党は、朴槿恵(パク・クンへ)前大統領の「セウォル号の7時間」論争と比較しつつ「最初の報告からどんなことがあったのか、分・秒単位で公開せよ」と迫った。こうした要求に対し青瓦台は二日間応じていない。



青瓦台が公開した動静によると、文大統領は22日午後6時36分、公務員が行方不明になって北朝鮮がこれを発見したという書面報告を受けた。疑惑の核心は、文大統領がこの時点から23日午前8時30分に最初の対面報告を受けるまで、何をしていたかだ。その間に公務員は射殺され、遺体が焼かれ、青瓦台の中心的な参謀陣は深夜会議を開いた。いわゆる「大統領の10時間」に疑惑が浮上したのは、韓国軍の統帥権者である文大統領の肉声と行動が明確でないからだ。文大統領が書面報告の直後に積極的救助を指示していれば犠牲を防げたのではないか、というわけだ。



「大統領の10時間」について青瓦台は「大統領はその間、書面であれ対面であれいかなる報告も受けなかった」としたが、説得力に欠ける釈明だ。韓国軍は22日の夜10時30分、青瓦台に射殺と遺体損傷を報告し、これにより青瓦台の徐薫(ソ・フン)国家安保室長主催で、緊急の安保関係閣僚会議が23日午前1時に開かれた。当時、青瓦台周辺では「深夜の国家安全保障会議(NSC)が開かれるらしい」という話も出回っていた。さらに、24日早朝には文大統領の国連録画演説があったので、文大統領が眠っていたり参謀陣の動きに気付かなかったりというのは困難だ。



文大統領は23日午前8時30分に最初の対面報告を受けたが、即時公開するより「正確な事実を把握して北にも確認せよ」と言った。この時点から、韓国軍が公式発表を行った翌日午前11時まで、韓国国民と遺族は銃撃の事実を知らされなかった。このため野党各党は隠蔽疑惑を提起している。


文大統領は銃撃報告を受けた後も、23日に韓国軍の昇進報告式へ出席し、「平和」を強調した。24日午前、文大統領は韓国軍の最終報告を受けて国民向けの発表を指示したが、一方で予定通り「韓国版ニューディール」文化コンテンツ関連の行事に出席した。

二日間沈黙!最初の報告から対面報告までの10時間、文大統領は何をしていたか… 二日間沈黙!最初の報告から対面報告までの10時間、文大統領は何をしていたか… Reviewed by RichKid on 9月 26, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.