SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

台風10号は、猛発達して日本列島へ !未曾有の災害に厳重警戒

 9月2日(水)3時現在、台風10号(ハイシェン)は小笠原近海を西寄りに進みながら発達中です。



記録的に暖かい海水温の影響で猛発達し、近年にない勢力で日本列島に接近・上陸するおそれがあります。最悪のケースを想定して台風への備えを行うようにしてください。


台風10号は予報円が大きくなっていますが、これは台風の大きさや強さを示しているわけではなく、進路の不確実さを表しています。



予報円は70%の確率で台風の中心が入ると予想される範囲を示していて、四国から九州、奄美まで、台風10号のとりうる進路には大きな幅があることがわかります。


進路次第で各地への影響が大きく変わるため、あらゆる可能性を考慮して、各地にとっての最悪のケースに備えることが重要です。



今年は海面水温の高い海域が例年よりかなり北に広がっていて、本州沿岸でも海面水温が30℃近い異例の暖かさとなっています。一般的に、海面水温が28℃程度以上であれば台風が発達しやすく、さらに上空の風が弱いなどの条件が揃えば、より急速に発達します。


本州沿岸でも海面水温が高いことから、日本に上陸直前になっても普通の台風のように勢力を落とさず、6日(日)3時の予想は中心気圧940hPa、最大風速45m/s、最大瞬間風速60m/sの「非常に強い」勢力が予想されています。



「非常に強い」勢力で上陸すれば、2018年の台風21号以来となります。2018年台風21号は上陸時の中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速が45m/sでした。この台風の襲来時には、大阪市など関西の市街地で最大瞬間風速50m/s前後の暴風に見舞われ、屋根が飛んだり車が横転するなどの甚大な暴風被害が発生。記録的な高潮によって関西国際空港が水没したり、神戸市の臨海部が浸水する被害も発生しました。


今回はそれより低い940hPa前後で接近・上陸が予想され、風の条件などでさらに発達した場合は「第2室戸台風(上陸時925hPa)」、「伊勢湾台風(上陸時929hPa)」といった歴史的な災害をもたらした台風に匹敵することになります。



飛ばされやすい物を片付けるなどの対策や、非常持ち出し袋の中身の確認、必要な備品などの購入は、早い段階で行うことをおすすめします。


ただし、商品の数には限りがあるので、無駄な買い占めは行わず、本当に必要な物を必要な数だけ購入するようにしてください。



台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。


台風10号の名前「ハイシェン(Haishen / 海神)」は中国が提案した名称で、文字通り海の神という意味です。


一方、台風9号 きょう2日(水)午後に非常に強い勢力で九州北部に接近へ。



非常に強い台風9号は、勢力を維持したまま、東シナ海を北上している。沖縄では、きょう2日(水)昼過ぎにかけて、うねりを伴った高波に警戒し、九州南部や九州北部では、あす3日(木)にかけて、暴風やうねりを伴った高波、高潮、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒が必要だ。


非常に強い台風9号は、きょう午前4時には五島市の南南西にあって、1時間におよそ15キロの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。



台風は引き続き東シナ海を北上し、きょう午後には非常に強い勢力で九州北部に接近する見込みだ。


沖縄や奄美では、非常に強い風が吹き、大しけとなっている所がある。


九州南部では、きょう夜のはじめ頃にかけて、九州北部では、あす3日(木)明け方にかけて、非常に強い風や猛烈な風が吹いて、暴風となる見込み。また、奄美では、きょう昼前にかけて、九州南部や九州北部では、きょうの朝から夜遅くにかけて、うねりを伴った猛烈なしけとなる予想だ。沖縄では、きょう昼過ぎにかけて、大しけが続く見込み。



暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒が必要だ。


さらに、九州北部では、あす3日にかけて、潮位の高くなる所がある見込み。海岸や河口付近の低地では高潮による浸水や冠水に厳重に警戒が必要となる。潮位が堤防を越えなくても、潮位が高い中で高波があると、波が海岸堤防を越えて浸水するおそれもあるため、高潮や、高潮と重なり合った波浪による浸水などにも厳重に警戒が必要だ。


九州南部では、台風周辺の雨雲がかかり、すでに雷を伴った非常に激しい雨の降っている所がある。


九州南部や九州北部では、あす3日未明にかけて、雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、四国や東海では、あす3日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みだ。


土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、竜巻などの激しい突風や落雷に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。

台風10号は、猛発達して日本列島へ !未曾有の災害に厳重警戒 台風10号は、猛発達して日本列島へ !未曾有の災害に厳重警戒 Reviewed by RichKid on 9月 02, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.