SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本の安倍晋三首相に健康異常説、「執務室で吐血した」

日本の安倍晋三首相=写真=に健康異常説が取りざたされている。

菅義偉官房長官は4日の定例記者会見で、安倍首相の健康についての質問を受けた。菅官房長官は「私は連日(安倍首相に)お会いしているが、淡々と職務に専念しており、(首相の健康は)全く問題ないと思っている」と答えた。

しかし、時事通信は「永田町では新型コロナウイルスへの対応が長期化し、豪雨災害も重なったため『首相が疲れている』との観測が出ている」と報道した。日本経済新聞も2日、安倍首相について「表情には疲れもにじむ」と伝えていた。しかも、同日発売されたある写真週刊誌の報道は安倍首相の健康異常説を拡散させている。これは、安倍首相が先月、官邸で吐血したと報道したものだ。菅官房長官はこの報道を否定しなかった。

安倍首相は、6月の通常国会閉会以降、記者会見をほとんどせず、テレビカメラの前に立つことを避けていたため、健康に異常があるではないかという見方が取りざたされていた。安倍首相は第1次政権末期にも健康異常で電撃的に退陣した前歴がある。2007年9月に持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎が悪化し、就任から1年で辞任した。辞任当時は機能性胃腸障害のためだと発表していた。それ以来、安倍首相は定期的に医師の診断を受けて薬を服用しているという。

現在、安倍首相がどのような状態なのかは正確には分かっていない。だが、官邸事情に詳しい消息筋は「安倍首相が最近疲れを見せているのは官邸周辺の全関係者が知っている事実だ。新型コロナウイルス関連政策の相次ぐ失敗や支持率急落が影響を及ぼした可能性がある」と語った。

安倍総理が、7月6日に首相執務室で吐血した。

7月6日の首相動静を見ると、午前10時59分から同11時14分まで、小池百合子都知事と感染症対策について意見交換。その後、杉田和博官房副長官・今井尚哉首相補佐官らが官邸に入る午後4時34分まで約5時間強、たしかに “空白の時間” があったのだ。

「人事などナイーブな懸案もなく、こっそり人に会う必要がなかった時期だ。しかも、月曜日の日中に5時間ものあいだ、首相の動静がわからないというのは、異例のこと」(全国紙政治部デスク)

安倍首相は、難病に指定されている「潰瘍性大腸炎」を17歳から患ってきた。首相は長年、ステロイド系の薬剤を服用しており、その副作用も出ているのではないか、と指摘されてきた。おおたけ消化器内科クリニック院長・大竹真一郎医師はこう解説する。

「吐血したなら、潰瘍性大腸炎に合併する、胃や十二指腸の病変の可能性があります。さらにステロイド系の薬剤を内服していることで、悪化して出血したのかもしれません」

だが7月22日には、ソフトバンクホークスの王貞治会長や俳優の杉良太郎らとステーキ店で会食。7月30日には、岸田文雄政調会長と都内ホテルの日本料理店で会合と、いたって健康そうだ。ではなぜ、体調不安説が消えないのか。

「岸田さんとの会合で、総理は酒を口にしたそうですが、佐伯耕三秘書官が『溜めていた疲れが一気に出ている。芳しくない』と、周辺にこぼしている状態。総理がいるあいだは、医師が官邸に詰めているという話もある。体調不良をめぐる情報が、官邸内から出続けている」(自民党中堅議員)

さらに、首相をそばで支える官僚たちの不安も、漏れ聞こえてくる。首相に近い自民党幹部は、こう明かす。

「7月中旬、長谷川榮一総理補佐官から、『総理の体調がよくない』と聞いた。その前後、長谷川補佐官は安倍総理から、憲法改正についてのメディア戦略や根回しを、早く進めるように指示されたそうなんだ。

『新型コロナウイルスもあって、このタイミングでは……。時間をかけたらどうでしょう』と、長谷川補佐官が聞き返すと、総理は『私には、時間がない』と言ったそうだ」

安倍首相の総裁任期は、あと1年ほどある。だが、「“Xデー” は近い」と語るのは、政治ジャーナリストの角谷浩一氏だ。

「8月末に佐藤栄作氏の首相連続在任記録を超えますから、それを区切りとして、第一次政権のときと同じく、突如辞任するかもしれません」

悲願である憲法改正のため焦る安倍首相。コロナ禍の今、ほかにやるべきことがあるはずだが。
日本の安倍晋三首相に健康異常説、「執務室で吐血した」 日本の安倍晋三首相に健康異常説、「執務室で吐血した」 Reviewed by RichKid on 8月 07, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.