SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

【#コロナとどう暮らす】米初のコロナ陽性犬を安楽死

米国で初めて新型コロナウイルス検査で陽性になった犬を、飼い主が安楽死させていたことが分かった。米誌ナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)が今週、伝えた。

同誌によると、7歳のジャーマンシェパード、バディ(Buddy)は4月に体調を崩した。同じ時期、ニューヨークに住む飼い主のロバート・マホニー(Robert Mahoney)さんは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復しつつあった。

バディは血の塊を吐き、血尿を出し始め、歩くこともできなくなったため、マホニーさんと妻のアリソンさんは今月11日、バディを安楽死させた。

2人はナショナル・ジオグラフィック誌に対し、バディは新型コロナウイルスに感染したのだろうと思っていたが、それを確かめるのは難しかったと話した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)により、地元の多くの獣医師は診療を中止していた。ペットが新型コロナウイルスに感染するか懐疑的な獣医師もいた上に、そもそも検査用品の大半は人間のために確保されていた。

ようやくあるクリニックでバディは陽性だと判定された。マホニーさん一家が飼っている生後10か月の子犬は一度も体調を崩したことがなかったが、新型ウイルスの抗体があったという。

獣医師はのちに、バディがリンパ腫にかかっていたとみられることも突き止めた。人間と同じように、動物も基礎疾患があると新型コロナウイルスで重症化しやすい可能性が浮上している。

世界保健機関(WHO)の公式見解では、ペットから飼い主への新型コロナウイルスの伝染はあまり多くはないとされているが、ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)の獣医師、シェリー・ランキン(Shelley Rankin)氏は、より詳しい研究が必要だと述べている。

ナショナル・ジオグラフィック誌によると、現在のところ米国では犬12匹と猫10匹が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されている。

飼い主さんにとって、苦渋の決断だったのだろう。飼い主さん、ペット共々本当に可哀想。
【#コロナとどう暮らす】米初のコロナ陽性犬を安楽死 【#コロナとどう暮らす】米初のコロナ陽性犬を安楽死 Reviewed by RichKid on 8月 01, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.