SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

三浦春馬の極端な選択の動機だ!芸能界に衝撃が走っている

人気俳優の三浦春馬さん(30)が18日、港区の自宅で天国に行きましたのが明らかになった。

この日仕事の予定だったが、仕事に現れなかったため、関係者が自宅を訪れると見つかったという。

気になるのは極端な選択の動機だ。「変わった様子はなかった」とする証言がある一方、ある芸能プロ関係者はこんなことを言う。

「昨今の芸能人のスキャンダルに対し、マスコミや世間が一斉にバッシングする風潮に疑問を感じていたんですよ。東出昌大の唐田えりかとの不倫もそう。明らかになった数日後、自身のツイッターで苦言を呈したことがあった」

たしかに、三浦の1月29日付のツイッターには「明るみになることが清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う。国力を高めるために、少しだけ戒める為に憤りだけじゃなく、立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」とある。ところが、これがネット民の猛反発を呼んだという。

同関係者は「お前は東出を擁護するのか、と。当時は東出が大バッシング中でしたからね。逆に三浦が集中砲火を浴びて、けっこう参っていたと聞く。最近も木下優樹菜が引退に追い込まれたし、絶望したのかもしれない」と話す。

三浦さんの一報が流れる数時間前、同じ事務所で親交のある俳優の賀来賢人(31)はインスタグラムのストーリーで以下の投稿をしている。

「人が好きなモノや、一生懸命やっている事を馬鹿にするのなんか超簡単で、否定したり、好きだ嫌いだ言う事も超簡単。本当に超簡単。靴紐結ぶより。SNSがもっとポジティブになる事を願ってます。」

ファンの間では「意味深だ」と騒然となっている。

お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(40)が18日、自身の公式ツイッターで、俳優・三浦春馬さん(享年30)の突然の訃報にコメントを寄せた。

以前から三浦さんのファンでもあった井上は「三浦春馬さん、なんで!?大好きな俳優さんだし、映画コンフィデンスマンJPも見に行く予定だったし、ショックが大きすぎる」とツイート。三浦さんが出演し、23日に公開が予定されいてる映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の観賞も楽しみにしていたという。

井上は「詳しい状況はわからないけど、このニュースが飛び込んで来た時、胸が締め付けられる程苦しくて、悲しくて、辛かった。本当に、ショック過ぎる」とつづった。

芸能界に衝撃が走っている。

俳優・三浦春馬は1990年4月5日、茨城県出身。97年、NHK連続テレビ放送「あぐり」で子役としてデビュー。06年「キャッチ ア ウェーブ」で映画初出演。08年「ブラッディ・マンディ」で連続ドラマ初主演。17年、舞台「キンキーブーツ」で杉村春子賞受賞。19年からファッションブランド「ポール・スミス」日本メンズアンバサダー。

現在、三浦さんは9月スタートのTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の撮影中で、2日前に現場で会ったという芸能関係者は「普段と全く変わりなかった。笑顔で周囲ともコミュニケーションを取っていた。自殺とは本当に驚いた」と話す。

3日前にはインスタグラムで同ドラマをPR。「本日情報解禁されました。TBSドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』略して【カネ恋】!」とつづり「今回自分が演じさせて頂くキャラクターはおもちゃ会社のドラ息子で破壊的浪費癖があるものの、ポジティブで真っ直ぐな猿渡慶太を演じます。日に日に暑くなって参りましたが、キャスト、スタッフ一同、テレビの前の皆様に9月から、より笑って頂きたく撮影に励んでおります!楽しみにしていてください!」と意気込んでいた。

三浦翔平、三浦春馬と「ごくせん」以来の共演熱望 「バディー役でも」

俳優の三浦春馬さんと三浦翔平さんが、9月スタートの松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが7月14日、分かった。2人の共演は、2008年4月期に放送されたドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)第3シリーズと、同作に続き2009年7月に公開された映画「ごくせん THE MOVIE」(佐藤東弥監督)以来、約11年ぶりで、ファンの注目を集めている。

2人の共演に対して、SNSでは「W三浦の共演待ってました ありがとうございます!!」「久々にW三浦見る気がする!」「これは面白そう! 念願のW三浦じゃん!」「何がいいって、三浦春馬くんと三浦翔平くんがそろって出てるってこと」「三浦春馬と三浦翔平の共演とかごくせん以来じゃないですか」「2人がドラマに出るなんて」「また見られるんですか」と歓喜の声が上がっている。

三浦翔平さんは、昨年6月19日に開催されたイベントで「春馬くんと食事をして話す機会があった。彼と共演したのは『ごくせん』で10年以上前。そろそろ何かやりたいねって。“ダブル三浦”で何かできたら」と会話したことを明かし、「彼はまだ20代ですがもうすぐ30代で、僕も30代。また共演するならしっかりとした重厚感のあるドラマだったり、壮大なスペクタクル映画がいい。バディー役でも。何でもいいから同じ作品に立てたらいいな」と熱望しており、その言葉が実現した。

「おカネの切れ目が恋のはじまり」は、連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(同局系)などの大島里美さんが脚本を担当。中堅おもちゃメーカーの経理部で働き、金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する“モノ”の本質を大切にして暮らしている九鬼玲子(松岡さん)。おもちゃメーカーの御曹司で「浪費」にかけては天賦の才能を持った猿渡慶太(三浦春馬さん)。金銭感覚が両極端な、“清貧女子”と“浪費男子”が出会い、ひょんなことから鎌倉にある玲子の実家に慶太が住み込むことになり……というオリジナルのラブコメディーとなる。

玲子の初恋の相手で、「お金の専門家」としてテレビ番組で人気コメンテーターとしても活躍する早乙女健役を三浦翔平さん、おもちゃメーカーで慶太の後輩で、あることがきっかけで玲子に恋をしていくという“ドケチ節約男子”板垣純役を北村匠海さんが演じる。四つ巴の恋愛合戦が繰り広げられる。
三浦春馬の極端な選択の動機だ!芸能界に衝撃が走っている 三浦春馬の極端な選択の動機だ!芸能界に衝撃が走っている Reviewed by RichKid on 7月 18, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.