SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

孫正義氏「コロナワクチン早ければ年内量産できる」!どうなるワクチン開発son

どこかの企業が成功し、根本的に問題を解決できるのが一番だが、量産しても一般の人々に届くのは来年半ば過ぎらしい」と、今後を予想。

ソフトバンクグループ(SBG)は社員など4万4066人に新型コロナウイルスの抗体検査を行い、孫正義会長兼社長が6月9日、検査結果を発表した。陽性は191人で、陽性率は0.43%だった。日本の民間企業がこの規模で検査を行い、データを公表するのは初めてとみられる。

対象はSBGと取引先企業の社員・家族3万8216人のほか、全国539の医療機関の協力を得て、医師、看護師など医療従事者5850人。孫氏は9日夜、オンラインのライブ中継で「取引先を含め、社員や家族を守りたいという思いから抗体テストを行った。医療関係のお役に立ちたいと、検査キットを無償提供した」と語った。

抗体検査の結果、SBGと取引先の陽性は86人で、陽性率は0.23%。医療従事者は同105人で1.79%だった。抗体検査は5月12日~6月8日に実施した。

◇陽性は店頭少なくコールセンター多い

興味深いのは、SBGの内訳だ。SBGの営業や技術などオフィス業務は全国で9割以上が在宅勤務となっているが、1万832人のうち、陽性は17人で陽性率は0.17%。これに対し、店頭で接客に当たるスタッフは1万9075人のうち、陽性は8人で同0.04%、コールセンターは7076人のうち、29人で同0.41%。接客業務に当たる店頭が最も低く、コールセンターが最も高かった。

SBGによると、コールセンターは約600人規模の拠点1カ所でクラスター(感染者集団)が発生し、24人の集団感染が見つかった。プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの選手や球団スタッフに陽性者はいなかったという。

孫氏は「店頭の接客業務は陽性率が高いのではないかと心配したが、在宅勤務のオフィスより低いので驚いた。コールセンターもクラスターが出ると怖いが、危険業務とは言い切れない」との見方を示した。

◇「クラスターに注意」と専門家

孫氏のライブ中継には専門家の医師がゲストとして2人参加した。国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は「全体の傾向として、新型コロナウイルスは通りがかりの人々の間でどんどん広がることはない。発端となる人がいて、クラスターが発生すると大量の患者が出る」と、今回のデータを分析した。

SBGは抗体検査のほか、唾液を使ったPCR検査もソフトバンク社員1050人に行ったと発表。陽性はゼロだったが、同時に行った抗体検査では2人が陽性で、過去に感染している可能性があることがわかった。

孫氏は感染の「第2波」に備えるため、今のうちに唾液を使ったPCRや抗体の検査体制を整えておくべきだと主張。「唾液を使ったPCRの検査キットが1回1000円でできるようになれば、1000億円で日本国民全員を検査できる。感染者を認知して隔離すれば、経済を止めることなく、第2波を防ぐことができる」と強調。最大200兆円規模の政府の経済対策より割安と主張した。

大曲医師は「PCRは(医療従事者が感染するリスクがあるなど)検体を取るのが危険で、コストもかかるなど制約があったが、安全に検体が取れてコストも下がるなら積極的に考えるべきだ」と応じた。

◇どうなるワクチン開発

ライブ中継の最後に、孫氏はSBGが投資する米国のベンチャー企業について「新型コロナワクチンの臨床試験を来月から始め、うまくいけば年内に量産を開始する」と見通しを語り、投資家の素顔を見せた。

孫氏は「今、ワクチン開発に取り組む企業は100社以上あるという。どこかの企業が成功し、根本的に問題を解決できるのが一番だが、量産しても一般の人々に届くのは来年半ば過ぎらしい」と、今後を予想。「それまでは第2波を少なくするため、さまざまな検査をしていくしかない。民間企業が自分でやるには、唾液のPCR検査がよいと思う」と締めくくった。1時間38分、2人の医師を前に孫氏が雄弁に語る異例のライブ中継だった。
孫正義氏「コロナワクチン早ければ年内量産できる」!どうなるワクチン開発son 孫正義氏「コロナワクチン早ければ年内量産できる」!どうなるワクチン開発son Reviewed by RichKid on 6月 19, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.