SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国LG化学、インドガス漏れを謝罪!当然医療支援では済まされず

韓国LG化学のインド法人LGポリマーズが謝罪文を公表した。被害者や遺族を支援するために対策組織を設置し、”医療支援”を行なうとしている。当然医療支援では済まされず巨額の賠償を背負うことになるだろう。40年間も違法操業を繰り返してきた罪はあまりにも重い。

LG化学がインド現地の化学工場で起きたガス漏れ事故と関連して、現地で謝罪文を発表するなど対策に乗り出した。

10日、LG化学によると、LG化学は事故直後、内部に非常対策委員会を設置し、被害者補償策を準備している。インド現地法人LGポリマーズ・インディアは9日(現地時間)、インド現地に配布した謝罪文で、「被害者と遺族を支援するために対策組織を設置し、葬儀の支援とともに被害者への医療支援を行う」と明らかにした。

LG化学は、辛学喆(シン・ハクチョル)副会長ら役員が現地に向かい、事故を収拾することを決めた。役員自ら事態を厳しく認識し、責任をもって収拾するという立場を明らかにするためだ。

事故から3日も経過しての謝罪文公表だからな。逃げられないと悟ったからだろう。

7日未明、インド南部のアーンドラ・プラデーシュ州のビシャカパトナムにあるLG化学工場で、スチレン(合成樹脂)を含む有毒ガスが漏れた。現地では、具体的な対策と惨事の責任を問う声が強まっている。8日、インド環境裁判所(NGT)が、LG化学に事故被害の補償のための供託金として5億ルピー(約7億円)を出すよう命じ、9日には近隣の村の住民約100人がLG化学工場に集まって、工場の閉鎖と移転、最高責任者の逮捕などを求めた。

州政府当局は9日、現場の視察のため同工場を訪問。これに合わせ、300人ほどの群衆が警察や警備員を押しのけ、工場に詰め掛けた。

群衆は、犠牲者への正義と工場の閉鎖を求めるスローガンを叫んだが、その後警備員によって押し返された。

LG化学の売り上げはLG本体のほとんどを占めないとかいう話をどこかで耳にしてな。LG化学が払えないなら、LG本社が払うべきだと思います!違法操業の40年間分で、天文学的な賠償金になります!
韓国LG化学、インドガス漏れを謝罪!当然医療支援では済まされず 韓国LG化学、インドガス漏れを謝罪!当然医療支援では済まされず Reviewed by RichKid on 5月 11, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.