SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

亡き木村花さんの母・響子さんがと切実に訴えた…「花のプライバシーを守るために」

22歳の若さで亡くなった人気女子プロレスラー木村花さんを悼み悲しむ声と生前の彼女を苦しめたSNSによる誹謗中傷問題の波紋は今なお広がり続けている。その一方でメディアによる過熱報道が遺族を傷つけるという二次被害の問題が起きている。母で元女子プロレスラーだった木村響子さんは26日にツイッターを更新。「連鎖を生まないために、花のプライバシーを守るために触れないでほしいと泣いて頼んだ結果がこれですか。誰も信用できない。弔う時間をください」と訴えた。

響子さんは24日に「マスコミの皆様へ」と題して「警察やスターダム事務所に詳細を問い合わせるのはおやめください。お仕事に詳細(原文ママ・支障の意味か)がでてしまいます。 死者のプライバシーをどうか尊重してあげてください。ギリギリのところで闘っているひとたちの背中をおさないでください。もう誰ひとりも傷つけないでください」と呼び掛けていた。だが、捜査関係者への取材をもとに木村花さんの死因に関する詳細な報道が次々とあり、怒りにも似た悲痛な呼びかけを再度、行ったのだ。

それらの過熱報道は女手ひとつで大事に育てた娘を失った母の悲しみにさらに追い打ちをかける事態となっている。

木村花さんが所属していた女子プロレス団体「スターダム」も26日、公式サイトにて「木村花選手のご逝去につきまして」というメッセージをアップした。

「木村花選手のご逝去については、警察による判断の結果、事件性は無いものと伺っております。より詳しい死因等につきましては、ご遺族のご意向により公表を差し控えさせて頂きます。こちらの詳細については、今後も当社の会見、リリース等において、公表を行う予定はございません」

死因について公式に発表しない方針を明らかにした。

そして、さらに過熱する取材問題に関して、「マスコミの皆様、ファンの皆様におかれましては、何卒ご容赦、ご配慮くださいますようお願い申し上げます。またご遺族並びに、当社所属選手等への取材は、現状の状態を鑑み、控えて頂きますよう何卒お願い致します。加えて、近隣の住民の方のご迷惑にもなりますので、ご遺族や、選手の自宅、事務所、練習場等への張り込み、訪問はご遠慮下さい」と要請した。

また木村花さんの葬儀などについては、「内々に行いたいというご遺族のご意向により、日時や場所の公開は控えさせて頂きます。マスコミ、ファンの皆様はご配慮頂きますようお願い申し上げます」とも報告した。

先日、女子プロレス取材歴27年のフリーライター、須山浩継さんの意見を聞いた際、須山さんは、「亡くなられた経緯が、すでに報じられているようなことであれば、改めて公式に詳細を発表する必要はないと思う。もし、それ以外の原因で亡くなったのであれば伝えるべきだと思うが」と主張していた。

筆者も同じ意見だった。

警察当局が「事件性がない」と判断しているのであれば、詳細を発表する必要はない。遺族の意向を最優先すべきだろう。

報道による二次被害の問題は、こういう場面で度々起きる。木村花さんは出演していた恋愛リアリティ番組「テラスハウス」での言動を巡ってのSNSの誹謗中傷に苦しんでいた。野放しになっているSNS上の誹謗中傷について問題提起し、社会問題として議論することは必要だし、ジャーナリズムには、真実を追求し、それを伝える義務と使命はある。

スターダムのエグゼクティブプロデューサーであるロッシー小川氏は、ツイッターで「朝からTVのワイドショーで花の件が特集された。事務所前では大勢のマスコミ陣に私は取り囲まれた。会ったことのない記者からも携帯に電話が鳴り響く。『今日は何か進展はありますか?』と。そんな私を心配して長与千種や北斗晶からメッセージを貰う。持つべきは仲間だ。花のことを考えると心が痛い」と嘆いた。

だが、小川氏には木村花さんが所属していた団体の責任者として常識的な範囲でメディアの取材要請に応じる責務はあると思う。

なぜ「テラスハウス」に出演させたのか。団体としてSNSとの向き合い方や選手の心のケアをどう考えていたのか、などの説明責任だ。だが、遺族の方々や木村花さんを愛してきた人たちにその”任”はない。

ワイドショーや、一部のメディアが好むような、その死因をスキャンダラスに追及することは、遺族を傷つけ関係者の心を痛めることになる。確かに、そういうメディアにもSNSの誹謗中傷問題に一石を投じるためにも詳細な事実を伝え、「木村花さんのような被害者を二度と出さないようにしたい」との、お題目、つまり社会的役割があるのかもしれない。番組制作側の社会的な責任を問う必要はある。そこは内情を暴かねばならないだろう。

だが、今回のようなセンシティブな問題について、どこまで報じるか、どこまで書くのかには線を引く必要はあるのではないか。スターダムの発表通り、木村花さんの死に「事件性はない」と見られているのだ。

木村花さんは、人気のある女子プロレスラーであり、SNSでの誹謗中傷の標的となった「テラスハウス」に出演していた公の人ではあった。だが、「事件性はない」以上、故人であってもプライバシーの問題は発生する。その一線を越えるとジャーナリズムは、単なる視聴率稼ぎ、話題集めのスキャンダル報道に変わる。つまり問われているのは、メディアの品位、倫理の問題である。

プロボクシングのWBA世界ミドル級王者の村田諒太がアマチュア時代に同じような問題に直面して「書かなくていいことをなぜ書くのか」と、メディアに不信感を抱き、激怒していたことがあった。村田が問うのもメディアの品位、倫理の問題だ。

政治家や犯罪者の悪事はメディアが報じなければならないこと、書かなければならないこと、である。メディアには権力や社会悪の監視、批判の役割があり、そのためには独立性が必要で「書かないで欲しい」との圧力に屈することはアウトだ。

今回の件では、SNSでの誹謗中傷の対象となった番組を作ったテレビ局という権力を監視、批判することは必要だろう。

しかし、メディアには真実を伝える一方で、弱者に配慮した「書かなくていいことは書かない」「報じなくてもいいことは報じない」の品位、倫理がなければならないと考える。それは決して独立性の放棄でも、自主的な言論、報道規制でもない。

何ごとも行き過ぎるとハレーションが起きる。規制と自由は、簡単に割れてしまうギリギリの薄いガラスで遮られているようなもの。

木村花さんの死が発端となり、議論が高まっているSNSの誹謗中傷対応問題についても然りだ。法律で規制すべき、との声が強くなっているが、一方で、もし、その規制が行き過ぎると、言論の自由を侵すことになるのではないかと懸念する意見もある。

だが、SNSでの誹謗中傷に法的な対抗措置をとるには、時間と手間がかかり、実質、野放しとなっている今のままでいいはずがない。

新型コロナの影響で興行再開の見通しはまだ立っていないが、スターダムは公式サイトのメッセージで、木村花さんの追悼試合について検討していることも表明した。

「ご遺族からは木村花選手を応援して頂いたファンの皆様への深い感謝の言葉を頂いており、現在新型コロナ禍のため開催日時は未定ではありますが、木村花選手の追悼興行の開催を検討しております。また興行以外にも映像や写真など、ファンの皆様へお届け出来ればと話し合いを行っていく予定です。詳細は決定し次第お知らせ致します」

緊急事態宣言の解除を受けての東京都の休業要請の緩和は、現在「ステップ1」で、まだ50人以上のイベントは開催可能になっていないが、スターダムは、関東圏では、6月13、14日に新木場1stRING、6月30日に後楽園ホールを押さえている。
亡き木村花さんの母・響子さんがと切実に訴えた…「花のプライバシーを守るために」 亡き木村花さんの母・響子さんがと切実に訴えた…「花のプライバシーを守るために」 Reviewed by RichKid on 5月 27, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.