SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

ソフトバンクG孫社長報酬は2億900万円!度報酬額は減少した

ソフトバンクグループの孫正義社長の2019年度報酬額は減少した。29日に公表された定時株主総会資料で明らかになった。一方、巨額赤字を計上したビジョン・ファンドを率いるラジーブ・ミスラ氏の報酬は倍増した。

総会資料によれば、孫社長の基本報酬や株式配当などを合わせた連結報酬額は2億900万円で、賞与はゼロ。18年度の合計は2億2900万円だった。ミスラ副社長は16億600万円で、前年度の7億5200万円から2.1倍となった。最高額はマルセロ・クラウレ副社長の21億1300万円。

ソフトバンクGの前期(20年3月期)純損益は創業以来の赤字となった。ビジョン・ファンドの投資先の公正価値減少が響き、投資事業の営業損益は1兆9313億円の赤字に転落(前の期は1兆2566億円の黒字)した。ミスラ氏は同ファンドの責任者。

このほか、総会資料からはみずほフィナンシャルグループなど金融機関からの借り入れが大幅に増えたことが分かった。みずほ銀行からの借り入れは3月末時点で1兆3852億円と、1年前と比べ2.3倍に膨らんだ。三井住友銀行も6606億円、三菱UFJ銀行は4010億円、ドイツ銀行は2579億円とそれぞれ前年から増えた。

ビジョン・ファンドなど投資業務に携わる人員は474人と、前年の297人から増加した。関係者への取材によると、ソフトバンクGはビジョン・ファンドで10%程度の人員削減を検討している。過半数がロンドンの本部で勤務し、サンフランシスコや東京などにも拠点がある。

ソフトバンクGの定時株主総会は6月25日に開かれる。

ちなみに、ソフトバンクG、2億4000万株のソフトバンク株式を3102億円で売却へ

ソフトバンクグループ(孫正義会長兼社長)は5月21日、100%子会社であるソフトバンクグループジャパン(SBGJ)を通じて保有する同社子会社ソフトバンク(宮内謙社長)の普通株式31億8291万9470株の一部である2億4000万株(予定)を譲渡することを決定したと発表。さらに22日、譲渡価額は3102億円になったと発表した。

3月23日付「自己株式取得と負債削減のための4.5兆円のプログラムを決定」の通り、同社はこの発表後4四半期にわたって最大4.5兆円の同社保有資産を売却または資金化する方針であり、今回の譲渡は同プログラムの一環として行うもの。

ソフトバンクグループは、ソフトバンク譲渡による手取金を同プログラムでの自己株式取得、負債の削減、現預金残高に充当する予定。

今回の譲渡の譲渡株式数と譲渡価額は、売買契約後速やかに公表する予定。譲渡の受渡完了は5月26日を予定している。なお、譲渡に係る株式は、複数の証券会社を通じて転売される予定。
ソフトバンクG孫社長報酬は2億900万円!度報酬額は減少した ソフトバンクG孫社長報酬は2億900万円!度報酬額は減少した Reviewed by RichKid on 5月 29, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.