SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

木村花さんが亡くなる直前に愛猫をかごに入れ

22歳でこの世を去った人気女子プロレスラーの木村花さんの優しさを示す”新事実”を所属団体「スターダム」のトップ、ロッシー小川エグゼクティブプロデューサーがツイッターに綴り、さらなる悲しみがファンの間で広がっている。

ロッシー小川氏は、24日、「花に送られたコメント、写真、映像を見るにつけ涙が込み上げてくる。心は強いと自負する私だが、歳を重ねると涙腺がもろくなってしまったようだ」と、現在の気持ちを明らかにした上で、「花は飼っていた子猫をカゴに入れ事務所のドア外にそっと置いて旅立ってしまった。この子猫は花の形見のようだ。だから一層、可愛くも愛おしくも見える」とツイート。木村花さんと愛猫のツーショット写真も投稿した。

木村花さんは、23日未明にインスタグラムに「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」の言葉と共に愛猫とのツーショット写真を投稿。ストーリーズには「さよなら」と綴っていた。

その直後に帰らぬ人となったようだが、残される愛猫の小さな命を気にかけ、自宅近くにある「スターダム」の事務所前まで、かごに入れて運び、仲間たちに託していたのだ。

関係者の話によると、木村花さんが病院に搬送されたのは、その後…。ロッシー小川氏のツイッターには、ファンからの「どんな思いで自宅まで歩いて帰ったのか」という、いたたまれない思いも寄せられていた。

実は、この子猫は、先週、生前親交のあったガールズバンド「SILENT SIREN」のメンバー、ひなんちゅから引き取ったばかりの保護猫だったという。

ひなんちゅのブログによると、名前は「からあげくん」で「丸くて茶色くてからあげみたい」と、出会った瞬間に決めたという。

ひなんちゅは、24日、自身のツイッターで、「昨夜、花ちゃんのお母様から連絡をいただきました。猫ちゃんは花ちゃんがスターダムの寮に連れて行っており、いま寮の皆様に可愛がってもらっているそうです」と、木村花さんが守った「からあげくん」の無事を報告した。木村花さんの愛した子猫はスターダム寮で保護されているという。

それほど、心優しい木村花さんの命の灯は、なぜ22歳の若さで消えなければならなかったのだろう。

木村花さんは、「ネットフリックス」「フジテレビ」で放映されていた恋愛リアリティ番組「テラスハウス」に昨年9月から出演。その番組内での言動を巡ってSNS上で誹謗中傷を浴び、心を痛めていた。

所属していた「スターダム」で親友だったジャングル叫女は、24日ツイッターに「数ヶ月できる限り花のそばにいました 辛かったね、苦しかったね、 私も一緒に闘った 少しでも命繋げられたかな 最期も声を掛け続けました… 無念でなりません。 綺麗な姿で送ってあげるからね 花の魂が安らいでいきますように 帰り道に見た今年の桜、、忘れないよ 来年はもっと綺麗な花が咲くのかな」とコメント。

綺麗な桜をバックにした2人のツーショット動画を添付した。

ジャングル叫女は、日に100件を超える誹謗中傷に悩んでいた木村花さんの相談に乗り、励まし、共に顔も名前もわからない卑劣な声と闘ってきたのだ。

23日未明に親友の異変を察知したジャングル叫女は、すぐに木村花さんの自宅へ駆けつけたが、間に合わなかった。

元テラスハウスのメンバーで親交のあった水越愛華もツイッターで、木村花さんが亡くなる直前までインスタグラムのDMでやりとりを行い、自宅へ駆けつけていたことを明かしている。

水越は、DMを送ったが、「彼女からの返信はいつもと様子が違くて、途中から返信も来なくなって、気になってTwitterの投稿を見て異変に気づき自宅を飛び出し彼女の家に向かいました」という。そして「家に着いてもそこに姿は無かったので病院に向かいました。病院に着いたら、変わり果てた彼女が居ました」と悲しい対面があったことを綴った。

水越も木村花さんと同じく「傷つくくらいなら(番組に)出るな」「死ね」「出ていけ」などの誹謗中傷をSNS上で浴びて傷ついていた。それだけに、二度と悲劇を繰り返さないために「表に立つ仕事をしている人もみんな人間なんです。感情があるんです。言葉は本当に凶器になります。表に出ているから仕方ない、覚悟が足りない、メンタルが弱い。そんな問題じゃないんです。いわゆる有名な人には何を言ってもいい、そんな風潮を払拭しなければいけません」と、強く訴えた。

木村花さんの母で、元女子プロレスラーだった木村響子さんも24日にツイッターを更新。母としての切実な心情を書き綴った。

「木村花を応援してくれたかた。仲良くしてくれたかた愛してくれたかた。守ってあげれなくてごめんなさい。辛い想いをさせてごめんなさい。 あなたが辛いと花も辛いから どうか楽しく元気な花を 心に置いてあげてください。 花が伝えたかったことをカタチにするためにもっと強くなります」

木村響子さんは、若い頃、レスラー修行も兼ねてアジアを旅したことがあり、1997年にインドネシアで出会ったインドネシア男性と結婚、その9月に花さんを出産したが、すぐに離婚。その後は、シングルマザーとして、花さんを試合会場に連れてきて、リングに立ち続けて愛情を注ぎ大切に育てた。花さんがプロレスデビュー後には、同じリングに母娘で立ったこともあり、2017年の木村響子さんの引退試合では、木村花さん、再婚した格闘家のISAO(のちに離婚)と家族でタッグを組み、鈴木みのる、アジャ・コング、里村明衣子組と男女混合6人タッグの試合をしている。

そして木村響子さんは、過熱するマスコミ報道に対しても「マスコミの皆さまへ」と題して、こうも訴えた。

「警察やスターダム事務所に詳細を問い合わせるのはおやめください。お仕事に詳細(原文ママ。支障の間違い?)がでてしまいます。死者のプライバシーをどうか尊重してあげてください。ギリギリのところで闘っているひとたちの背中をおさないでください。もう誰ひとりも傷つけないでください」

海外の主要メディアも「ネットいじめ」として報じるなど、木村花さんの悲劇は、社会的問題として波紋を広げているが、メディアが、その遺族や関係者に二次被害をもたらしていては、22歳でこの世を去った女子プロレスラーの意思は浮かばれない。

花さんが伝えたかったことを考える必要があるのだろう。
木村花さんが亡くなる直前に愛猫をかごに入れ 木村花さんが亡くなる直前に愛猫をかごに入れ Reviewed by RichKid on 5月 25, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.