SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国企業、1カ月で負債を2.4兆円も増やしてしまう!貸出が史上最高に

コロナ禍の収束が見込めない中で借りるだけ借りまくっている韓国業者が多いようだ。3月には1.6兆円を借り入れて最大値を更新したというのに、その金額がさらに1.5倍になってしまったのだ。当然史上最大の借入額となる。

韓国では、企業が銀行から借りて使った貸出金が4月1カ月間だけで約28兆ウォン(約2兆4500億円)増加したことが分かった。統計作成以来、最大値を記録した今年3月の増加額(18兆7000億ウォン)を軽々と超えた。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大で企業も資金調達に窮するようになった影響だ。政府が各種支援策を打ち出して貸出規模が急増した側面もある。

韓国銀行が8日に発表した「2020年4月中の金融市場動向」によると、4月の銀行圏の企業貸出残額は929兆2000億ウォンで前月比27兆9000億ウォン増となった。統計を取り始めた2009年6月以降、最大値となる。昨年と2018年4月の増加額はそれぞれ6兆6000億ウォン、6兆5000億ウォンだった。普段に比べて21兆ウォン以上、企業向け貸出がさらに増えたのだ。3~4月の2カ月間だけで約47兆ウォン増加した。

大企業・中小企業(個人事業者含む)を問わず、歴代で最大幅で増えた。大企業向け貸出は11兆2000億ウォン増加した。社債と企業手形(CP)市場がストップすると、銀行融資を通じて流動性確保に出たためだ。中小企業向け貸出は3月増加規模(8兆ウォン)に比べて2倍以上となる16兆6000億ウォンにもなった。このうち個人事業者向け貸出が10兆8000億ウォンだ。新型コロナで売上が急減し、当座を乗り切るための資金を借りようとする需要が増えたためだ。

この状況が数カ月続けば韓国の銀行の財務状況も怪しくなる。実体経済が完全に終わってるから、いくら金をつぎ込んでも穴の空いたバケツ状態だ。韓国の場合ロックダウン解除という手法が取れないから、逆に経済復活のための起爆剤が存在しないということになる。


この状況が半年続けば釜山企業の66%が負債の返済さえ危うい限界企業に。

釜山商工会議所は主要製造業者200社を対象にコロナに伴う製造業非常経営現況を調査して5月12日、明らかにした。

調査結果によると、コロナに伴う現在の危機状況が持続する場合、3カ月以上持ちこたえるのは難しいと回答した企業が34.5%に達した。万一コロナの影響が今後6カ月以上続いた場合、全体の3分の2に達する67.0%が限界企業に追い込まれる可能性があると答えた。

現在、コロナによって非常経営対策を実施しているか、検討中の企業は49.0%(実施中39.5%、検討中9.5%)だった。非常経営対策では生産縮小が55.4%で最も多かった。続いて雇用調整16.0%、現金流動性確保14.5%、投資縮小8.3%、感染拡散防止努力5.8%となっている。

コロナ危機状況が今後1年以上持続しても耐えられると答えた企業は33.0%にとどまった。
韓国企業、1カ月で負債を2.4兆円も増やしてしまう!貸出が史上最高に 韓国企業、1カ月で負債を2.4兆円も増やしてしまう!貸出が史上最高に Reviewed by RichKid on 5月 14, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.