SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

10分で完売した夏用マスク!マスクの価格が1枚16円台を割り込む

新型コロナウイルスの流行で外出には欠かせなくなったマスク。ただ、夏は熱がこもるうえに蒸れそうで、熱中症のリスクが高まるとも指摘される。そんな中、インターネットの通販サイトには「接触冷感」「吸水速乾」をうたう商品がずらりと並ぶ。売れ行きも好調だ。

広島県福山市の婦人服企画販売「アパレルアイ」は5月12日から、夏用布マスクの販売を始めた。編み方を工夫したポリエステル中心の生地で、ひんやりした感触だけでなく、吸水性と速乾性も持たせた。元々は夏用衣料に使う素材をマスクに転用した。

約3万2千セット(1セット2枚)を工場に発注済みで、あとは5月22日と26日にネットで午前10時半、午後0時半、午後2時半からの1日3回に分けて注文を受け付ける。初日は約2千セットが10分ほどで完売した時間帯もあった。同社の福永浩士常務は「市場にマスクが出回り始めている今、このスピードで売れるとは思わなかった」と驚く。

京都・嵐山の寝具・生活雑貨店「プラッツ」が売り出すのは「ひんやりさらっとタイプ」のマスクカバー。ポリエステルとレーヨンの筒状のカバーに、不織布マスクなどを入れて使う。カバーは何度も洗え、マスクも複数回使える。マスク内の湿気を吸うと冷たく感じられる麻100%のカバーも作る。

今まで、よく女子高生とかが、真夏にマスクを付けてるのを見て、自意識過剰かマスク中毒かと思っていた。しかし、みんなこれから、気温35度以上のうだるような中でも付ける必要があるんだよな。マスクだけで気分が悪くなる人が続出じゃないか。

一方、アプリ開発を手掛けるアスツール(東京・渋谷)が運営する「在庫速報.com」によると、通販サイトで販売されているマスクの最低価格は1枚16円に下落した(5月21日時点)。

在庫速報.comは、Amazonや楽天市場といった通販サイトの在庫から、マスクや除菌ジェルの最安値を探せるWebサービス。4月24日、マスク1枚の最安値は57円だったが、5月12日には21円まで下落。5月20日まで横ばいの状態が続いていた。

5月21日、アスツールは在庫速報.comの機能アップデートを行い、「日本製マスク」「夏用マスク」「体温計」「アルコール除菌シート」「高濃度アルコール酒類」「ハンドソープ」「リングフィットアドベンチャー」の在庫検索に対応したと発表した。
10分で完売した夏用マスク!マスクの価格が1枚16円台を割り込む 10分で完売した夏用マスク!マスクの価格が1枚16円台を割り込む Reviewed by RichKid on 5月 22, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.