SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

TKO木下、数々のパワハラ疑惑を認めて謝罪 東野幸治!それが自分に衝撃でした…

先月15日に松竹芸能を退社し、フリーとして活動を開始したお笑いコンビ・TKOの木下隆行(48)。数々の後輩へのパワハラ報道を「事実です」と認めて謝罪した。

先月31日にはブログとYouTubeチャンネルを開設した木下。以前より後輩へのパワハラ疑惑などが伝えられていたが、3日に更新したブログでは「今回お騒がせした件で、勿論僕が悪いのですが、SNSで発信する事が怖くて、なにをやってもどんな感じで叩かれるのだろうと、正直このアメブロでも発信するのが怖かったです」と胸中を吐露していた。

番組への出演理由を「6ヶ月テレビに出ていなかったのですが、正直に話せる場を作っていただいて感謝しています」と明かした木下は、“後輩へのペットボトル投げつけ”のほか、“クロちゃんの顔を踏みつけ”や“後輩に自身のブランドの服を押し売り”など、これまで報じられたパワハラ疑惑について、すべて「事実です」と認めた。

松竹芸能を退所した理由は「結果はすべて事実ですし、ニュースにも出てしまい、松竹芸能はアットホームで仲がいいというイメージがあったので、そこを傷つけてしまい、居づらくなった。新しく後輩が入ってくるなかで僕がいたら、怖い事務所のイメージになりますので、やめることが一つのみそぎの方法かな」と説明した。

先輩である松本人志は「俺の中では、暴力的な“悪い木下”を知らないから信じられない部分があった」と擁護するも、「半分ノリでやっても、相手にそのノリが伝わっていなかったらしょうがない」と指摘。東野幸治も松本と同様に木下に悪いイメージを持っていないが、一連のパワハラ疑惑を見て「お前、悪いやつやと思うで」と断言した。

TKO、収録中の爆睡をザンゲ 松竹芸能の社内事情も暴露「タレントには『働け』って言う」。

6時間睡眠では足りないという事実を知った木本は「決して健康的ではない、まだまだダメなんだと睡眠の事実を知れて勉強になりました」と話し、木下も「『寝るな、働け』が当たり前なので睡眠を推奨して、いいイベントなのが楽しかったです」と笑顔を見せた。

また、所属する松竹芸能にもチクリ。木本は「事務所に言いたい。松竹芸能も、ちゃんと改革をしようとしている。社員も時間を作って休むときは休む」と明かしながら「そういう社員はタレントには『働け』って言うんです」と社内事情を暴露し、笑わせた。

そんな睡眠の質で仕事に“悪影響”も。木下は「ホントに仕事中に寝てしまったことがある」と正直に告白。「木本のトークを聞いてなんですけど…。それは気をつけなければいけない」とザンゲ。木本も「ダメなんです」と後悔の念を口にしながら「衝撃映像を10個ぐらい見てからスタジオに降りるんですけど、衝撃映像なのに爆睡してた…。スタジオで『どれがすごかったですか?』と言われても何も言えなかった」と自白した。木本は「それが自分に衝撃でした…」と反省しきりだった。

TKO木下、数々のパワハラ疑惑を認めて謝罪 東野幸治!それが自分に衝撃でした… TKO木下、数々のパワハラ疑惑を認めて謝罪 東野幸治!それが自分に衝撃でした… Reviewed by RichKid on 4月 05, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.