SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

志村けんさん、子供を授かっていた…知られたくない過去はあります

新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、志村けんさん(享年70)。

未婚を貫き子供をもうけることはなかったが、晩年に「子供への思い」をより強めていたことは、本誌・女性セブンを含めて複数のメディアが報じてきた。その背景には、あまり知られていない過去が影響している。

実は2002年に発売された著書、『変なおじさん【完全版】』(新潮文庫)で、志村さんはある事実を告白している。

《何かの拍子に子供ができちゃった。まだ子供なんかふざけんなっていう時代だったから、どうしようかって困ってしまい、向こうの親にもさんざん怒られた。結局、オヤジの退職金の残りをおふくろから借金して、それで先方に謝りに行ってなんとかおさめてもらった》

これは志村さんが19才、ザ・ドリフターズの付き人時代の出来事だという。当時を知る志村さんの知人が言う。

「そのとき、志村さんは16才の専門学校生と交際していて、初めての同棲生活を送っていたそうです。同棲してすぐに子供を授かったのですが、当時の志村さんの月給は1万5000円ほど。法律的には結婚できる年齢ですが、付き人の生活と給料では育てられないと悩んだ。彼女と相談して諦めたんです。ほどなくして、その女性とも終わってしまってね…。その後、志村さんがこの話題を口にすることはなかった」

24才でザ・ドリフターズの正式メンバーになると、人気が沸騰。多忙な生活を送る中、女性と交際する機会はあったが、長くは続かなかった。コメディアンとして、お茶の間に笑いを届ける“仕事人”に徹した。心境の変化が起きたのは、50才前後だという。

「志村さんのお父さんは、54才の若さで亡くなっています。志村さんがまだ12才のときに交通事故に遭い、一命は取り留めたものの、後遺症で記憶喪失などの脳障害が出てしまったんです。そのため、最期は満足に会話すらできずに逝ってしまった。“オヤジと酒を飲みたかったんだよ”と若い頃から口にしていたのですが、お父さんの享年に近づくにつれて、“自分の子供と一緒に酒を飲んでみたいなぁ”と話すようになったんです」(前出・志村さんの知人)

その頃は、よく「男の子が欲しい」と周囲に言っていた。

「“クラブやガールズバーにも一緒に行きたい”なんて言って周囲を笑わせていました。息子を白塗りにして、バカ殿2世として共演したいという、具体的なビジョンも口にするようになっていたんです。子供が欲しいという思いは、ずっとあったんでしょうね」(前出・志村さんの知人)

志村さんが子供を授かっていた過去を自ら語るようになったのも、50才前後だったという。

「自分の子供が欲しくなって、過去の過ちとちゃんと向き合ったからでしょう。あまりプライベートなことは語りたがらない人だったから驚きました。不思議なもので、若い頃には思いもよらずできたのに、欲しいと思ったときに授からなかった。あのとき、もし生まれていれば…と考えることもあったようなんです」(前出・志村さんの知人)

晩年は「経済的に苦労はさせない。おれの子供を産んでくれないか」と、女性に真剣に相談したこともあったという。

悲しみから2週間以上経ったいまも、志村さんを悼む報道は続いている。告白が記された著書も4月16日に再び刊行することに。志村さんの人生が、再注目されている。やっぱり早すぎる別れだった。

志村さんの、後ろめたさや生きる辛さ、のような、普通の人に近い部分を知ることが出来て、より厚みのある志村さんの人間像を感じることができてよかったです。これによって、志村さんの評価が下がることは、私の中では、ありません。
志村けんさん、子供を授かっていた…知られたくない過去はあります 志村けんさん、子供を授かっていた…知られたくない過去はあります Reviewed by RichKid on 4月 16, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.