SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

声優・藤原啓治さん『 野原ひろしやアイアンマンを担当』が55歳で死去

アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役、『ケロロ軍曹』『スクールランブル』などのナレーターを務めた、声優の藤原啓治さんが4月12日に死去した。55歳だった。16日に藤原さんが代表取締役を務める「AIR AGENCY」の公式サイトで訃報が伝えられた。

サイトでは「弊社代表取締役及び所属声優である藤原啓治が癌のためかねてより闘病中のところ令和2年4月12日満55歳で逝去いたしました」と報告。「ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに 謹んでお知らせ申し上げます」とし「尚 通夜及び告別式につきましては親族のみにて執り行われました。誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます」と記した。

藤原さんは1964年10月5日生まれ、東京都出身。アニメから海外映画・ドラマの吹き替えまで幅広くこなし、青年役から老人役までさまざまな役を務めてきた。代表作は『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役、『鋼の錬金術師』のマース・ヒューズ役、『HUNTER×HUNTER(第2作)』レオリオ役、『交響詩篇エウレカセブン』のホランド・ノヴァク役、『アベンジャーズ』シリーズのアイアンマン=トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)の吹き替えなど。

藤原さんは、2016年8月に病気療養のため一時休業し、17年6月には体調を考慮しながら除々に仕事を再開。休業中の『クレヨンしんちゃん』野原ひろし役の代役を声優・森川智之が担当し、現在も森川が務めている。

藤原啓治の略歴は、

専修大学北上高等学校卒業。文学座付属演劇研究所、劇団木山事務所、賢プロダクションを経て、2006年11月に自ら事務所「AIR AGENCY」を立ち上げた。2008年4月より日本芸術専門学校大森校声優学科講師に就任し隔週で授業を担当している。

出生は東京都だが岩手育ちであり、藤原本人も「ほぼ岩手人」と発言している。

大学進学をしようと思い、色んな学校が載っている雑誌を見ていると、演劇とかの学校を発見し、こっちのほうがやる気が出ると感じ、父の反対を押し切って、文学座付属演劇研究所に入った。ただし、半数近くが学生で両立が出来ることを知って、進学しなかったのを後悔したという。

声優としてのデビュー作品については、本人は「忘れた…」と述べている。なお、声優としての初仕事の現場には「アフレコには既に慣れている」と通されていたので初仕事と言えず、業界のルールや用語が理解できず苦悩したことを語っている。

2010年、『カッコカワイイ宣言!』(『サキよみ ジャンBANG!』内で放送)で音響監督デビュー。

2011年10月に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011』にて声優助演男優賞を受賞。

2016年8月8日、病気療養のために当面の間休養することを発表。レギュラー出演していた『クレヨンしんちゃん』は同月26日放送分より、Amazonプライム・ビデオにて同月3日から配信の『クレヨンしんちゃん外伝 エイリアン vs. しんのすけ』は、9月28日配信の第9話より出演を見合わせることも併せて発表され、その他の持ち役にも順次代役・後任が立てられた。なお、病気の詳細に関しては非公表。

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第3位に選ばれる。

2017年6月16日、体調を考慮しながら除々に仕事を再開することが所属事務所から発表された。同年6月28日、復帰作が8月11日公開の『スパイダーマン:ホームカミング』の吹き替えであると発表された。
声優・藤原啓治さん『 野原ひろしやアイアンマンを担当』が55歳で死去 声優・藤原啓治さん『 野原ひろしやアイアンマンを担当』が55歳で死去 Reviewed by RichKid on 4月 16, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.