SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

トヨタ自動車の北米、米国でフェイスシールドや人工呼吸器などを製造

トヨタ自動車の北米事業体であるTMNA(Toyota Motor North America)は3月27日(現地時間)、必要不可欠な物資や緊急救援物資を必要としている人々を支援し続け、多くの地元組織や非営利団体に継続的なサポートを提供していくと発表した。

これらの取り組みでは、金銭の寄付に加えて、フェイスシールドを製造するために同社の北米施設のいくつかを利用しながら、医療機器会社と協力して、人工呼吸器、人工呼吸器、その他の病院向けの重要な機器の製造スピードをアップさせるという。

TMNAの次期CEOである小川哲男氏は「トヨタの中心的価値は、常にお客さまにモビリティを提供することを超えた有意義な方法で社会に貢献することです。当社の工場は稼働しておらず、ディーラーはお客さまへのサービス提供に注力しているため、危機に対処するために必要な医薬品や機器を迅速に市場に投入できるよう、専門知識とノウハウを提供したいと考えています。医療機器コミュニティへの私たちのメッセージは、私たちが手助けすることです。私たちの専門知識を活用してください」とコメント。

また、3月25日に実施した50万ドルの寄付のほか、ウイルスの拡散を抑制し、北米全体のコミュニティを支援するために、以下を含むいくつかの行動をとるとしている。

フェイスシールド

3Dプリントを活用したフェイスシールドの生産に取り組みはじめ、来週初旬に大量生産を開始。最初の配布は、ヒューストンのMDアンダーソン、ユタ州ダラスのサウスウェスタンメディカルセンター、およびインディアナ、ケンタッキー、ミシガンのその他の病院へ配布。

マスク

マスクを作成する準備ができており、現在フィルターのパートナーを探している。

人工呼吸器

人工呼吸器を製造し、その能力を高めるのに役立つ2つの会社との作業を開始するための最終合意を決定。

トヨタ生産システムサポートセンター(TSSC)

エンジニアリングのノウハウサポートを提供し、企業が必要な医薬品や設備の能力を高め、引き続き利用できるようにする。現在、効率的なドライブスルー式検査サイトの編成に関する病院/コミュニティのサポートに取り組んでいる。

顧客金融

トヨタファイナンシャルサービス(TFS)とレクサスファイナンシャルサービス(LFS)は、影響を受けた顧客に支払い救済オプションを提供。影響を受けているユーザーには、支払い延長またはリースの繰延支払いを可能にする。

物資の寄付

北米トヨタは、病院、緊急事態管理チーム、応急対応者へ、マスク、安全メガネ、靴/ブーツカバー、手袋、毛布、綿棒など大量の寄付を実施。
トヨタ自動車の北米、米国でフェイスシールドや人工呼吸器などを製造 トヨタ自動車の北米、米国でフェイスシールドや人工呼吸器などを製造 Reviewed by RichKid on 3月 30, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.