SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

トヨタの燃料電池車『ミライ』、欧州議会がテスト車両に導入!燃料電池技術を初めて船舶に搭載

トヨタ自動車の欧州部門は3月10日、欧州議会がテスト車両として、燃料電池車の『ミライ』(Toyota Mirai)を導入した、と発表した。

欧州議会の議員は、ベルギー・ブリュッセル市内において、ミライをテスト走行する。さらに、議員がブリュッセルとストラスブール間を移動する際に、ミライのテスト走行を行う。

欧州議会は、ミライをテストすることにより、欧州市場で水素燃料電池技術をさらに普及させ、ゼロエミッション車と代替燃料の補給インフラストラクチャに対する認知度向上を支援していく。

水素は、完全な電動化に限界がある輸送分野やその他の部門において、CO2削減に大きく貢献できるものとして、関心が高まっている。燃料電池車は、欧州議会が求める耐久性と長距離運転に適しており、水しか排出しない。

なおミライは、トヨタのテクニカルセンター内の水素ステーションで水素を充填する。ストラスブールへのテスト走行時には、ドイツの「H2Mobility」の水素ステーションネットワークを利用する、としている。

また、トヨタ、燃料電池技術を初めて船舶に搭載。

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門のトヨタ・モーター・ヨーロッパは2月3日、燃料電池技術を初めて船舶向けに応用し、再生可能エネルギーで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」に搭載した、と発表した。

エナジー・オブザーバー号は、太陽光や風力の再生可能エネルギーや、海水から生成した水素を用いた燃料電池を動力とする世界で初めての自立エネルギー型燃料電池船だ。2017年6月に母港のフランス北部のサン・マロ港を出発し、6年かけて50か国、101の港に立ち寄りながら、世界一周航海に挑戦している。

2019年末には、停泊中のエナジー・オブザーバー号でトヨタのFCシステムの搭載試験を実施した。現在、2020年ツアーの出航を控え、海上で最終試験を行っている。トヨタのFCシステムを搭載したエナジー・オブザーバー号は、2020年2月にサン・マロ港を出港し、大西洋と太平洋を横断する予定だ。

トヨタはエナジー・オブザーバー号を、航海開始時から支援してきた。航海での実証を通じて、化石燃料の再生可能エネルギーへの置き換えの可能性を検討するとともに、将来の再生可能エネルギーを効率的に、かつ大規模に利用するソリューションを探求するのが目的だ。

船舶へのトヨタの燃料電池技術応用に向けて、トヨタ・モーター・ヨーロッパとエナジー・オブザーバー号のチームメンバーは緊密に連携してきた。トヨタ・モーター・ヨーロッパのテクニカルセンターは、燃料電池自動車『ミライ(MIRAI)』の搭載部品を用いて、船舶用のコンパクトな燃料電池システムを開発し、エナジー・オブザーバー号に搭載した。従来のシステムと比較して、高出力、高効率、高信頼性を実現した、としている。
トヨタの燃料電池車『ミライ』、欧州議会がテスト車両に導入!燃料電池技術を初めて船舶に搭載 トヨタの燃料電池車『ミライ』、欧州議会がテスト車両に導入!燃料電池技術を初めて船舶に搭載 Reviewed by RichKid on 3月 14, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.