SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

現代車第7世代アバンテ、米国で初公開…ダイナミックどころかド平凡じゃないですか

現代自動車の準中型セダン、アバンテが新たな装いで戻ってきた。

現代自動車は17日(現地時間)、米国ロサンゼルス(LA)ハリウッドで「オール・ニュー・アバンテ」を世界で初披露するイベントを開催した。同イベントは、無観客でオンラインで生中継された。

現代車の関係者は「オール・ニュー・アバンテが未来を描いた破格のデザインと3世代の新規プラットフォームにもたらした手堅い基本技術、車級を超える最先端の利便性仕様、効率的ながらダイナミックな走行性能が完璧に調和を成している」と紹介した。

まず、オール・ニュー・アバンテは車体が低くなり外観がシャープになり、ホイールベースが長くなって空間が広がった。現代車のデザイン・アイデンティティ、「センシュアス・スポーティネス(Sensuous Sportiness)」がさらに強調された。

前方部分には宝石や鉱物に見られる幾何学的形状のパラメトリック・ジュエル・パターン・グリルが未来志向的なイメージを作った。側面は車体が後ろに行くほど高くなる形でスピード感が出ている。後部には現代のロゴHを形象化した「Hテールランプ」が高級感のある感性を加えた。

車内には10.25インチのクラスタと10.25インチのナビが統合された形の「パノラマ・ディスプレイ」などが搭載された。運転手別にシート位置などを設定する個別プロフィール、音声認識車両制御、家の中の家電機器を制御するカー・トゥ・ホーム機能がある。スマートフォンアプリで車のドアを開け、エンジンをかける「現代デジタルキー」機能も選択することができる。

パワートレインはスマートストリームガソリン1.6MPi(最大出力123馬力、最大トルク15.7kgf・m)と1.6LPi(最大出力120馬力、最大トルク15.5kgf・m)で構成された。1.6ハイブリッドモデルと1.6T Nライン(Line)も今後追加される。

この日の公開イベントは無観客で行う代わりに、韓国、北米、中国、オーストラリアなどの主要地域にオンラインで生中継された。オール・ニュー・アバンテは韓国で25日から事前契約を受け付け、来月正式発売される。米国では今年秋から販売される。

>効率的ながらダイナミックな走行性能。
>最大出力123馬力、最大トルク15.7kgf・m)。
ダイナミックどころかド平凡じゃないですか。隣国らしさ溢れる誇大表現がダイナミックなんですかね。

アメリカも経済の先行きが不安な中で、不安な車を誰が買いますか。
現代車第7世代アバンテ、米国で初公開…ダイナミックどころかド平凡じゃないですか 現代車第7世代アバンテ、米国で初公開…ダイナミックどころかド平凡じゃないですか Reviewed by RichKid on 3月 19, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.