SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

トヨタ・ソアラ2.0GTツインターボ(Z20)!青春は取り戻せる?

2代目ソアラといえば白いボディ、スーパーホワイトのイメージが強い。

80年代~90年代は、現在よりもはるかにドレスアップやチューニングが盛んだった。ソアラのような国産スペシャリティカーといえばステアリングやホイールがアフターのものに変わっていて当たり前のような風潮があった。

2代目ソアラは4スポーク型のステアリングが一般的だが、2.0GTツインターボだけは3スポークのスポーティなタイプが標準だった。

また少し高すぎるように見える車高も、足回りが純正状態にあることを表している。

2代目ソアラは、同じ時代のトヨタ・マークII(6代目、X80型)をクーペ化したようなボディを与えられているが、現代の眼で見ても端正で美しい。

一方インテリアは茶色のモケットで、こちらは80sの日本車らしさが香る。さっそく走り出してみよう。

80sを感じさせるターボの高まり。

こげ茶色のダッシュボードは樹脂の成型部品だが、ドアの内張まで続くラップアラウンドデザインでスポーティさが漂う。

センターコンソールに並んだスイッチ類は80年代に流行したステカセ風の大きなもの。メーターは当時最新のスペースビジョンメーターと呼ばれるデジタル表示、メーターの右にターボのブースト、左にシフトインジケーターが来る配置も実にまとまりがいい。

興奮が最高潮に達したところで走りはじめると……これがフツーなのである。

目をつぶっていたら、これが80年代のクラウンなのかカローラなのかわからないくらいに穏やかな乗り心地でクセがない。

見た目のかっこよさからスポーティな走りを想像していると、少し面食らってしまうかもしれない。

一方2Lツインカム、ツインターボの1G-GTEUは、過給が始まる3500rpmあたりまでは少し心許ないが、そこから急激に圧が高まっていく様子がわかる快速ユニットだ。

シフトアップの度にドラマがあるので、現代のエンジンよりもよほど個性的といえる。

ガツンと来るパワーを受け止めるボディの方はフワフワしたままなのだが、それが返って80年代の日本車らしい懐かしさに繋がっている。

白いソアラで青春をもう一度。

2代目ソアラでしばらく走っていると、「スポーティ」とは言いにくい柔らかな乗り心地にも慣れ、これが快適に思えてくる。

ステアリングは少しも敏感ではないがリニアに切れてくれるし、ボディの見切りもよい。車幅は1695mmなのでちゃんと5ナンバー枠に入っているというのも80sを感じさせてくれる。

まだ32のGT-RもNSXもセルシオもいない時代において、2代目のソアラの求心力は圧倒的だったのである。

しかもクルマ自体が高級、カッコイイ、速いというだけでなく、それをドライブしているオーナードライバーの品格をあげてくれるような一面が、このハイソカーにはあった。

時計の針を戻すことはできないが、若い頃に憧れたソアラを今手に入れれば、忘れかけていた青春を取り戻すことができるかもしれない。
トヨタ・ソアラ2.0GTツインターボ(Z20)!青春は取り戻せる? トヨタ・ソアラ2.0GTツインターボ(Z20)!青春は取り戻せる? Reviewed by RichKid on 3月 21, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.