SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の経済成長率、所得3万ドル超23カ国で下落幅「最大」!潜在的な下落要素はまだまだあるだろう?

韓国の経済成長率と潜在成長率が2000年代以降、同時に低下し、その幅は主要国より大きいという分析が出てきた。

韓国経済研究院(韓経研)は20日、経済協力開発機構(OECD)の2001-19年の国内総生産(GDP)増加率など統計を分析した結果を公開した。5年単位の分析で韓国の経済成長率(GDP基準)は2001-05年が5.0%、2006-10年が4.3%、2011-15年が3.1%、2016-19年が2.9%と、2000年以降下落している。

調査期間(2001-05年→2016-19年)の韓国の経済成長率下落幅(2.1ポイント)は、OECD国家のうちラトビア(-5.1ポイント)、リトアニア(04.1ポイント)、エストニア(-3.3ポイント)、ギリシャ(-2.7ポイント)に続いて5番目に大きい。

韓経研の関係者は「韓国の経済成長率は2010年まで世界の経済成長率より高かったが、2011年以降はこれを下回っている」とし「下落幅は1人あたり国民所得が3万ドル以上のOECD23加盟国のうち最も大きい」と説明した。

潜在成長率も同じ期間、1.7ポイント低下した。OECD国家のうち8番目に下落ペースが速い。OECD国家の平均潜在成長率は0.4ポイントの低下にとどまった。ドイツ(0.8ポイント)、デンマーク(0.3ポイント)、アイルランド(0.7ポイント)など6カ国の潜在成長率は上昇した。

GDPと潜在GDPの格差を表すGDPギャップは2013年以降「マイナス」が続いている。GDPギャップがマイナスということは、物価上昇の懸念は少ないが、経済が潜在GDPに達しないほど沈滞しているという意味だ。

韓経研は「経済が成熟化過程を経て成長率と潜在成長率が鈍化するのは一般的な現象だが、韓国は落ち幅が特に大きい」とし「生産性向上と新産業育成、高付加サービスの創出などで経済躍動性を確保する必要がある」と指摘した。
韓国の経済成長率、所得3万ドル超23カ国で下落幅「最大」!潜在的な下落要素はまだまだあるだろう? 韓国の経済成長率、所得3万ドル超23カ国で下落幅「最大」!潜在的な下落要素はまだまだあるだろう? Reviewed by RichKid on 2月 21, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.