SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国100大企業の営業利益、昨年は36%減!純利益は45%減

昨年の韓国の時価総額100大企業による営業利益、純利益がそれぞれ前年同期比で36%、45%減少したことが明らかになった。特に韓国経済を下支えしてきた半導体を含むIT・電機電子業種の営業利益は61%も減少した。

企業評価サイト、CEOスコアによると、時価総額100大企業のうち、14日までに昨年決算(速報値)を発表した86社の業績を分析した結果、売上高は2.0%増の1608兆9790億ウォン(約149兆円)だったものの、営業利益は36%減の101兆9440億ウォン、純利益は45%減の64兆9160億ウォンだった。同社は「米中貿易紛争などによる世界的な景気後退が企業の減益につながった。特に半導体景気の不振でサムスン電子とSKハイニックスの営業利益が大幅に減少するなど、影響が大きかった」と分析した。昨年のサムスン電子の営業利益は52.8%減の27兆7690億ウォン、SKハイニックスの営業利益は87%減だった。

業種別では全19業種のうち11業種の営業利益が前年より減少した。サムスン電子とSKハイニックスが含まれるIT・電機電子業種の営業利益は60.8%減の84兆5230億ウォンだった。半導体とともに輸出に貢献してきた石油化学業種の営業利益も45.2%減だった。このほか、保険(41.8%減)、鉄鋼(31.7%減)、持ち株会社(22.1%減)、流通(12.7%減)、サービス(10.2%減)、運送(9.3%減)、通信(7.7%減)、建設および建築資材(6.1%減)、与信金融(6.0%減)などがマイナスだった。

一方、製薬(41.2%増)、自動車・部品(34.7%増)、証券(29.9%増)、政府系企業(16.6%)、食品・飲料(9.5%増)、銀行(5.5%増)、生活用品(5.5%増)は営業利益が昨年を上回った。
韓国100大企業の営業利益、昨年は36%減!純利益は45%減 韓国100大企業の営業利益、昨年は36%減!純利益は45%減 Reviewed by RichKid on 2月 17, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.