SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国輸出額が10か月連続マイナス!韓国の9月消費者物価0.4%下落

韓国産業通商資源部が1日に発表した9月の輸出額(通関ベース)は447億1000万ドル(約4兆8300億円)で、前年同月比11.7%減少した。昨年12月以降、10か月連続のマイナス。米中貿易摩擦や日本による対韓輸出規制の影響で、中国、日本、米国向けの輸出がそろって減少した。

輸出額の減少は半導体や石油化学製品など主力輸出品の単価下落によるもので、輸出量で見ると前年同月比3.1%増となった。

また、9月の1日平均輸出額は21億8000万ドルで今年に入り最高額を記録。3か月ぶりに20億ドル台を回復した。

9月の輸出額を品目別に見ると、自動車(4.0%増)、自動車部品(2.1%増)、無線通信(1.1%増)、船舶(30.9%増)、家電(0.4%増)などの主力品目と2次電池(7.2%増)、バイオ・ヘルス(25.2%増)などの新たな成長品目の輸出が増えた。

輸出先別では、米中貿易摩擦の深刻化により中国向けが21.8%、米国向けが2.2%、それぞれ減少した。7月に始まった対韓輸出規制の強化を発端に貿易摩擦が続く日本向けは5.9%減少した。ただ、下落幅は前月(6.2%減)に比べて縮小した。

一方、ロシアなどの独立国家共同体(CIS、41.3%増)、欧州連合(EU、10.6%増)、中南米(10.8%増)向けの輸出は増加した。

輸入額は前年同月比5.6%減の387億4000万ドル。


一方、韓国の統計庁が1日発表した消費者物価動向によると、9月の消費者物価指数は前年同月比0.4%下落した。1965年に統計を取り始めて以来、初のマイナスとなった。

前年同月比の物価上昇率は1月に0.8%に鈍化して以降、0%台が続き、8月は0.0%に落ち込んだ。同月は小数点第3位まで計算すると0.038%の下落で、事実上のマイナスだったが、正式な物価上昇率は小数点第2位で四捨五入される。統計上では9月が初めてのマイナスとして記録される。

物価上昇率がこのように長期にわたり1%を切るのも、2015年2~11月(10か月)以来のこと。 

統計庁の物価動向課長は“高校教育の無償化や農産物価格の反動といった政策的、一時的な要因によるものと判断される”と説明。デフレの可能性については、“消費者心理指数は前月から4.4ポイント上昇した。消費不振によるデフレではない”と打ち消した。
韓国輸出額が10か月連続マイナス!韓国の9月消費者物価0.4%下落 韓国輸出額が10か月連続マイナス!韓国の9月消費者物価0.4%下落 Reviewed by Admin_HeavytN on 10月 01, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.