SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国はラグビーW杯に参加できないことが判明!サムスントップが訪日、ラグビーW杯開幕戦観戦

20日に東京で開幕するラグビー・ワールドカップに日本列島が興奮している。アジアではじめて開催される今回のワールドカップは、日本対ロシアの試合を皮切りに11月2日まで日本全国各地で試合が行われる。大会には南アフリカ共和国やイタリアなど20カ国が参加し、合計48試合が予定されている。韓国は予選敗退で本戦には出場できなかった。

安倍首相もこれを機に諸外国との会談などを進めてラグビー外交を展開しているようだ。韓国がいなくても日本は何も困らないしむしろ楽しめるということを象徴するかのようである。

北の北海道から南西部の熊本県に至るまで、日本全国12の競技会場で行われる今回のラグビー・ワールドカップで日本はお祭り騒ぎだ。試合のチケット180万枚のうち95%がすでに販売されたという。東京の銀座や六本木の飲食店では昨年のサッカー・ワールドカップの時と同様、日本の試合日程に合わせて応援しながら食事ができるよう準備が進んでいるという。

日本人はラグビー・ワールドカップをアジアではじめて誘致したことに満足しているようだ。ラグビー・ワールドカップは1868年の明治維新以来、脱亜論を打ち出して“アジアのヨーロッパ”を目指してきた日本にとって特別な意味がある。明治政府はラグビーの母国とされる英国と1902年に同盟を結んだが、実はそれ以前から日本ではラグビーが盛んに行われていた。

ラグビーで強く求められるチームワーク、犠牲精神、根気などは富国強兵を目指した当時の雰囲気とも合致していた。1920年代には日本全国に数千のラグビーチームがあったという記録もある。つまりラグビーは当時から日本でそれだけ人気があったのだ。

このような伝統もあり、ラグビーは今も日本で人気スポーツの一つとされている。大学のラグビー選手は就職の際に企業も歓迎する人材だ。森喜朗元首相は早稲田大学ラグビー部出身で、政界にも数多くのラグビーファンがいるという。

日本はラグビー・ワールドカップを2011年の東日本巨大地震が発生した東北地方復興のきっかけとしても活用する計画で、出た岩手県の“復興スタジアム”と名付けられた競技場でも試合が行われる。

ラグビー・ワールドカップに合わせて出場国の首脳たちも相次いで日本を訪れている。ラグビー強国ニュージーランドのジャシンダ・アーデーン首相は19日に東京で安倍首相と首脳会談を行った。アーデーン首相は20日の開幕式に出席し、21日に行われるニュージーランドと南アフリカ共和国との試合を観戦する。フィジーやサモアの首相も大会中に日本を訪問する予定だ。

英国からはイングランドやスコットランドなどが上位に進出した場合、日本の徳仁日王の即位式に出席するチャールズ皇太子の日程が多少変わる可能性もあるという。読売新聞などによると、安倍首相も今回のラグビー・ワールドカップを積極的に活用する“ラグビー外交”に力を入れる考えのようだ。

一方、韓国・サムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が20日、日本を訪問した。

日本政府の対韓輸出規制が強化されてからの訪日は、7月に続き2回目。李氏は日本財界からの招きで東京で同日開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開会式に出席し、開幕戦を観戦する。

開会式出席前にサムスン電子日本法人の経営陣から事業の現況について報告を受け、中長期事業の方向性について論議した。

韓国財界では、李氏の今回の訪日について、韓国と日本が非政治的な分野では依然パートナーであるということを国内外に発信するメッセージになるとの見方が出ている。
韓国はラグビーW杯に参加できないことが判明!サムスントップが訪日、ラグビーW杯開幕戦観戦 韓国はラグビーW杯に参加できないことが判明!サムスントップが訪日、ラグビーW杯開幕戦観戦 Reviewed by Admin_HeavytN on 9月 21, 2019 Rating: 5

1 件のコメント:

  1. 韓国が参加しないのか? 出来ないのか? 釈然としない記事だった。

    返信削除

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.