SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

LG化学の研究人材、スウェーデンに大挙離職!韓国電池業界の競争力を弱めている


韓国企業を抜いて、ドイツのフォルクスワーゲンとバッテリー合弁会社を建てたスウェーデンのバッテリーメーカーの高速成長に韓国LG化学から離職した従業員の重要な役割があったことが明らかになった。

12日、韓国業界によると、スウェーデンのバッテリーメーカー・ノースボルト(Northvolt)は、ホームページに会社の歴史によると、現在30人以上の韓国人と日本人の研究者が、自社で働いているという。

ノースボルトは、韓国人が誰であるかに言及はしなかったが、韓国業界では、バッテリー関連の研究経歴のある元LG化学の従業員だと見ている。実際に、該当ページでノースボルトは、現在、従業員の代表的な前職場7カ所を具体的に言及しているが、このうち韓国と日本企業はLG化学とパナソニックだけだ。いずれも自動車バッテリーを生産するメーカーだ。

特にノースボルトは、過去2017年のバッテリー研究チームが初めて構成された状況を説明し、この韓国人従業員などが、自社のバッテリー技術ロードマップの構築に“決定的な役割(a crucial role)”をしたと述べたりもした。

ノースボルトの核心である、これらの韓日の研究者30人が、全体の従業員250人(2019年春基準)の10%を超えるなど、数字の面でも大きな割合を占めている。韓国人研究者のほとんどがLG化学の出身である。彼らがそれぞれいつ離職したかは正確に確認されないが、ノースボルト設立初期の2017年から最近までに着実に離職したものと伝えられた。

ドイツの自動車メーカーフォルクスワーゲンは最近ノースボルトに9億ユーロ(約1070億円)を投資して、バッテリー生産のための合弁会社を設立すると明らかにした。ノースボルトが設立されてから2年でこのように急速に成長することができた背景には、LG化学出身の従業員の役割があったわけだ。今年の初めから、フォルクスワーゲンとの合弁会社設立を議論しているSKイノベーションはまだ実現されたというニュースを伝えていない。

現在、LG化学、SKイノベーションの訴訟にも似たような構造だ。LG化学はSKイノベーションが、そのバッテリー関連人材と営業秘密を抜いていったと見て、去る4月に訴訟を提起している。LG化学側の関係者は、“まだノースボルトに訴訟を提起しようとする動きはない”と言いながらも“必ずしもノースボルトではなくても、組織的に人材・技術を盗む状況がある場合は、原則として誰にでも法的措置を取ることができる”と述べた。

中国のホンダグループは9日、バッテリーの研究開発人材を採用しながら資格に“5年以上の海外自動車動力電池会社の業務経験”を要求した。韓国企業より2~3倍高い年収を保証し人材を抜いていこうという意図。

このように、海外のライバル電池メーカーが韓国の優秀な人材に目をつけている現在の状況を打開できる対策もほとんどない。

韓国を代表するバッテリー企業が訴訟戦を行う中、韓国の核心人材は海外企業に転職し、韓国の国家競争力を弱めている。
LG化学の研究人材、スウェーデンに大挙離職!韓国電池業界の競争力を弱めている LG化学の研究人材、スウェーデンに大挙離職!韓国電池業界の競争力を弱めている Reviewed by Admin_HeavytN on 9月 13, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.