SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

現代自動車-APTIV、40億ドル投入し自動運転合弁会社設立へ!スマートモビリティー企業に変化

40億ドルが無駄になりました!ということが無いと良いですね。現実には、かなりのリスクが在りますが。

現代自動車グループが自動運転分野の核心技術を確保するために、米国の自動車部品企業デルファイから分社した自動運転専門企業“APTIV”と40億ドル規模の合弁会社を作ることにした。大規模投資と高度化された技術力の結合で、自動運転技術分野で大躍進を図るというのが現代自動車グループの構想だ。

現代自動車グループとAPTIVは23日(現地時間)、米国ニューヨークで両社の主要経営陣が参加した中、ジョイントベンチャー(合弁企業)設立に関する本契約を締結したとグループ側が明らかにした。投資規模は合計40億ドルで、両社が合併法人の持分50%を等しく分け持つ。現代自動車と起亜自動車、現代モービスが現金16億ドルをはじめ、自動車エンジニアリングサービス、研究開発力量、知的財産権の共有など4億ドルの価値を含む合計20億ドルを出資し、APTIVは自動運転技術と知的財産権、700人余りの自動運転ソリューション開発人材などを合弁会社に出資する方式だ。合弁法人は理事会の同数構成など共同経営体制を整えることになる。

今回の合弁会社設立は、現代自動車グループが世界最高水準の自動運転ソフトウェア開発を加速化する新しい道を開くことになったという意味がある。これまで現代自動車グループは、自動運転のための開発で先頭グループに水をあけられ、10位圏外にとどまっているという評価が多かった。持分投資方式の単純協業水準を超越し、ソフトウェア分野で最高の技術力を保有する企業とダイレクトに会社を設立し共同開発する“正攻法”を選んだわけだ。これを通じて“クォンタム・ジャンプ”水準の技術成長を遂げるということだ。

APTIVは、自動運転用ソフトウェア分野で独歩的技術力を保有していると評価される。APTIVにとっても自動車開発と製造力量で世界5位の生産能力を持つ現代自動車グループとのパートナーシップを構築することにより“ウィン・ウィン”のシステムを手にした。最近、現代自動車グループは世界の主要拠点を中心に“オープン・イノベーション”(開放型革新)戦略を拡大し、未来車開発に備えてきた。

合弁会社は、設立許認可と当局の承認などを経て、早ければ来年中にスタートする予定だ。本社は米国ボストンに置くことになる。現代自動車グループは、大規模投資の他にも保有している自動運転関連特許を提供し、車両の改造と人材支援などを通して技術交流効果を最大化する方針だ。

現代自動車グループの今回の投資金額は、外部企業に投資した金額としては歴代最大水準だ。国外に年産30万台規模の工場を建設するのにおよそ約8.3億ドルが投入されることを考慮すれば果敢な決定であるわけだ。世界の自動車産業のパラダイム転換の中で、未来成長動力の一つである自動運転の核心技術を早期に確保することが、それだけ急務だったという傍証でもある。現代自動車グループ関係者は“今回の投資は4次産業革命を主導する“ゲーム・チェンジャー”に跳躍するという意志であるだけでなく、伝統的完成車製造企業からスマート・モビリティー・ソリューション提供企業に変貌する出発点になるだろう”と話した。
現代自動車-APTIV、40億ドル投入し自動運転合弁会社設立へ!スマートモビリティー企業に変化 現代自動車-APTIV、40億ドル投入し自動運転合弁会社設立へ!スマートモビリティー企業に変化 Reviewed by Admin_HeavytN on 9月 24, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.