SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

河野防衛相「韓国国防長官との会談希望…意思疎通図りたい」!国連総会に合わせた外相会談を調整

河野太郎防衛相が18日、韓国国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官と会談をしたいという意向を明らかにした。北朝鮮の問題などが続いている状況で韓日国防当局間のコミュニケーションの必要性を強調しながらだ。

この日、河野防衛相はNHKとのインタビューで、韓日関係に関連して“外務大臣時代は康京和(カン・ギョンファ)外相というよいパートナーがいた”とし“日韓関係を新たな高みに引き上げようとしていたやさきの韓国の大法院判決で、非常に残念に思っている”と話した。過去、康長官との協力関係に言及しつつも強制徴用の判決に不満を隠さなかった。

河野防衛相は“どこかのタイミングで韓国の国防相ともお目にかかりたい”とし“今の北朝鮮情勢の中で、日韓の連携も当然重要になってくるので、しっかりと意思疎通をやりながら進めていきたい”と述べた。

河野防衛相は外相を務めていたが、今月11日の内閣改造過程で防衛相に席を移した人物だ。外相時代には日本の輸出規制の局面で韓国に対する強硬発言によって韓日関係悪化を主導したと評価されている。河野防衛相は外相だった7月、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を招致した席で、南大使の発言を遮って“極めて無礼だ”と述べて外交的欠礼を犯した。

しかし、防衛相に異動してからは国防・防衛分野で韓日の連携を強調している。河野防衛相は今月11日の記者会見で“北朝鮮の問題に向き合うためには、やはり日米韓がしっかり連携をしていくということが大事だ”とし“日韓ときちんと連携が取れていることが大事”と述べた。

韓国と日本の国防長官は6月シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)時に接触した。当時は鄭景斗国防長官と岩屋毅前防衛相が会った。

意思疎通できるのであれば、早くレーダー照射の真相を明らかにさせて下さい。河野さんなら有耶無耶にさせるはずないと期待しています。


一方、国連総会に合わせた外相会談を調整。

韓国外交部は19日、同部の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と日本外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長が20日に東京で協議を行い、両国の関心事について議論する予定だと発表した。

両氏は来週の米ニューヨークでの国連総会に合わせた韓日外相会談の開催を最終調整するとみられる。韓日両国は、関係が冷え込む中でも外交当局間の協議は継続する考えで、外相会談も実現の可能性が高いとされる。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と11日に就任した茂木敏充外相の会談は初めてとなる。

韓日外交当局の局長協議は8月29日にソウルで開いて以来。両国は局長協議をできるだけ月に一度は開催することにしている。

韓国政府は今月18日、安全保障上の輸出管理の優遇対象国から日本を除外した。それから2日後の局長協議開催は、経済分野で問題が深まっているものの外交当局間では対話を続け、状況がこれ以上悪化しないように管理するという意思の表れと評価される。
河野防衛相「韓国国防長官との会談希望…意思疎通図りたい」!国連総会に合わせた外相会談を調整 河野防衛相「韓国国防長官との会談希望…意思疎通図りたい」!国連総会に合わせた外相会談を調整 Reviewed by Admin_HeavytN on 9月 19, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.