SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日産は「韓国撤退を検討」!日産の韓国内自動車販売台数は前年同88%減少した

日産自動車が韓国市場から撤退することを検討していると、英フィナンシャルタイムズ(FT)が6日報じた。韓日問題で日本車の販売が急減したことへの対応措置とみられる。

FTによると、日産はこの数カ月間、韓国で自動車販売を続けるべきかどうかを分析してきた。

しかし韓日間の外交・貿易問題が日本製品不買運動へと急激に広がり撤退の議論が進んだと、業界関係者は伝えた。

実際、韓国輸入自動車協会(KAIDA)統計によると、日産の8月の韓国内自動車販売台数は58台と、前年同月比88%減少した。2018年8月の日産の販売台数は459台だった。日本車全体の8月の販売台数(1398台)は前年同月(3243台)比で57%減少した。

日産は2004年3月に韓国日産法人を設立して韓国市場に進出したが、トヨタとホンダに劣勢で苦戦してきた。昨年2.39%だった日産の韓国市場シェアは今年に入って0.32%まで落ちた。

FTは“日産が韓国市場からの撤退を検討するのは世界的な業績悪化による全般的な構造調整とも関係がある”と伝えた。日産自動車は先月、2022年までにグローバル生産能力を10%減らして1万2500人規模の人員減員を実施すると発表した。

日産はルノーサムスン釜山(プサン)工場の生産台数のおよそ半分を占めるSUV“ローグ”の受託契約延長も中断した。ローグの輸出台数が年間10万台から今年6万台に減少したからだ。ルノーサムスン釜山工場側は日産との契約終了を受け、6日から希望退職の募集を始めた。

コリアリスクを考えれば、長期的に見てこの判断は妥当と思う。

一方、韓国主導の国際鉄道構想に日本がなぜかメンバー登録されていると判明。

韓国政府は北朝鮮、中国、ロシア、モンゴル、日本、米国が参加する鉄道連結事業の青写真を公開した。

9月4日、ソウルのコエックス・インターコンチネンタルホテルで、国土交通部が主催する東アジア鉄道共同体(EARC)国際セミナーが開かれた。

東アジア鉄道共同体は文在寅大統領が昨年の光復節の演説で提案したもので、北東アジア6カ国と米国の参加のもと、鉄道を中心にしたインフラ投資と経済協力事業を推進する国際協議体だ。

ロシア・モンゴル・中国が共同体参加の意思を示し、同日のセミナーにもロシアのウラジーミル・トカレフ交通省次官、モンゴルのバトボルド・サンダグドルジ道路交通省次官、中国のイェン・ホシャン国家鉄道局次官補が参加した。日本の環日本海経済研究所(ERINA)と世界銀行の関係者も参加し、関心を示した。

各国の鉄道運営状況を総合し、効率的な物流運送が可能な4つの鉄道路線と30の経済協力事業を選び出した。

4路線はソウル~平壌~北京~ウランバートル、ソウル~平壌~ハルビン~チタ、ソウル~元山(ウォンサン)~豆満江(トゥマンガン)~ハバロフスク、釜山~江陵(カンヌン)~豆満江~ハバロフスクで、これらの路線を通じてユーラシア横断ベルト、中‐モンゴル‐ロシア経済鉄道、京元線の復旧、豆満江国際観光共同事業などが可能になると分析した。

共同体参加国の国内総生産は全世界の49.8%に達し、人口は21億1千万人と世界人口の27.4%を占める、東アジア鉄道共同体により国家間の協力が強化された場合、世界最大経済圏に飛躍できる。

北朝鮮も鉄道協力事業に強い関心を示しているが、朝米関係が膠着状態に陥り、進展がない状況だ。今回のセミナーにも招待したが、北朝鮮は応じなかった。
日産は「韓国撤退を検討」!日産の韓国内自動車販売台数は前年同88%減少した 日産は「韓国撤退を検討」!日産の韓国内自動車販売台数は前年同88%減少した Reviewed by Admin_HeavytN on 9月 07, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.