SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の経常収支9ヶ月ぶりに最大の黒字!所詮は為替操作の賜物だ

去る7月、韓国の経常収支黒字規模が9ヶ月ぶりに最大を記録した。大企業が海外法人から受け取った配当と海外債券投資で受け取った利息が大幅に増え、第一次所得収支が過去最大を記録した。ウォン安に伴う一種の為替レートの効果と解釈される。しかし、貿易鈍化と半導体・石油単価の下落に輸出の減少が続き、商品収支は前年比二桁の下落幅を維持した。

韓国銀行が9月5日に発表した“2019年7月の国際収支(暫定)”によると、7月の韓国の経常収支黒字は69億5000万ドルと集計された。1ヶ月前(63億8000万ドル)よりも5億7000万ドル増えた規模で、昨年10月(93億5000万ドル)以来9ヶ月ぶりに最大である。前年(85億5000万ドル)比では16億ドル減少した。

今年7月の経常収支の黒字が改善されたのは、第一次所得収支が過去最大を記録した影響が大きかった。給与・配当・利子などの流動を示す、第一次所得収支は30億ドルと集計されたが、特に投資所得収支が過去最大の30億8000万ドルとなった。ウォン・ドル為替レートが1200ウォン台を超えるとそのまま大企業が海外法人から受ける利益剰余金を配当の形で大量回収し、配当所得の収入が28億9000万ドルに増加した。また、利子所得収入が19億ドルで最大値に増加し、海外債券投資が急増した影響も反映された。国内投資家の海外債券投資残高は、今年6月末2157億ドルで、わずか3年余り前の2015年末(810億ドル)より2.7倍増加した。低金利、低成長に安定した米国債をはじめとする海外債券投資が増加した。

サービス収支の赤字が16億7000万ドル減ったことも経常黒字を増やすために貢献した。これは、前年同月比で四ヶ月連続減少したはずなのに、1年前(-30億9000万ドル)に比べて半分近く減少した。何よりも、旅行収支の改善傾向が目立った。中国人、日本人入国者数が増え、旅行収支の赤字は11ヶ月連続減の11億8000ドルと集計された。ウォン安でドルの値が上昇し、海外旅行の誘引が減った影響もあった。

韓国銀行関係者は、“為替レートが上がれば配当、利子を国内に持ってくる誘引が大きくなって、外国人投資家が韓国で利子を差し引く理由は減ることになる”とし“為替が国際収支を調整する役割をする傾向が今回表示されたもの”と説明した。

しかし、商品収支は為替効果が現れなかった。7月の商品収支は61億9000万ドルで、前月(62億7000万ドル)、前年同月(107億9000万ドル)に比べ、すべて減少した。世界の貿易量の萎縮と半導体・石油類単価の下落、中国への輸出不振などで、輸出(482億6000万ドル)が8ヶ月連続で減ったからである。1年前(541億8000万ドル)に比べ10.9%減少した。輸入(420億8000万ドル)も原油価格の下落の影響で減少したが、減少幅が3.0%にとどまり、輸出の減少幅より小さかった。

資本流動を示す金融勘定の純資産は65億5000万ドル増加した。証券投資が主要国の証券市場好調と主要国金利の下落などで51億2000万ドルの純増し、直接投資も20億7000万ドル増加した。

ウォン安だと、貿易国の韓国はそりゃ外国に製品売ってドルをもらえば、従来の何割り増しかはなるわな。しかし韓国に投資している外人投資家は反対にもうからないから逃げるわね。ウォン安防衛のためドルを売って為替介入しているので、まだドルあるのかなあ?本日やっと1ドル1200ウォン以内に何か月ぶりに収まったが、まだまだこれからだからな。
韓国の経常収支9ヶ月ぶりに最大の黒字!所詮は為替操作の賜物だ 韓国の経常収支9ヶ月ぶりに最大の黒字!所詮は為替操作の賜物だ Reviewed by Admin_HeavytN on 9月 06, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.