SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国企業、日本にサムライ債発行を断られた可能性浮上!200億円の穴

韓国企業が日本での資金調達を自らやめる動きを見せている。ハンファケミカルという企業によれば、11月末に200億円分のサムライ債の満期を迎えることで償還のために新たなサムライ債の発行を準備していたという。ところが日韓関係の悪化を受けて資金調達が難しいという判断になり、自らサムライ債を断念して他の方法で資金調達をすることにしたようだ。200億円を11月末までに用意できなければデフォルトということになる。韓国自ら断念したと強調しているが、日本側から発行を断られた可能性もあるんじゃないかと思っている。

25日の投資銀行業界によると、ハンファケミカルは来月末を目標に準備してきた200億円規模のサムライ債発行計画を白紙化した。7月に日本の輸出規制で韓日貿易問題が触発されてから韓国企業が日本で資金調達に失敗した初めての事例だ。この会社は11月末に満期到来予定の200億円相当のサムライ債を償還するため今年初めから円建て債券の発行を準備してきた。

ハンファケミカル関係者は“長く発行を準備してきたが韓日間の緊張がますます高まり日本で投資需要を確保するのは難しいと判断した”と話した。同関係者は“満期となるサムライ債の償還資金はドル建て債券を発行するなど他の方式で調達するだろう”と説明した。

ハンファケミカルがサムライ債発行を断念し、韓国企業の円資金調達が難しくなるのではないかとの懸念が大きくなっている。来年末まで新韓銀行、KTなど6社がサムライ債の満期を迎える。これらの償還規模は総額1725億円に達する。輸出入銀行は12月末に750億円分の満期を迎える。サムライ債はドル建て債券の金利が上昇するなどドル調達費用が上昇する際に韓国企業の代替資金調達手段として活用されてきた。

ハンファケミカルがサムライ債発行を断念し韓日貿易紛争の余波が金融取引の冷え込みに広がるのではないかとの懸念が大きくなっている。日系銀行ソウル支店など日本の金融機関全般の投資回避に広がれば韓国企業の資金調達だけでなく金融システムまで揺さぶりかねないためだ。

サムライ債は韓国企業がドルを安く手に入れることができる補完材の役割をしてきた。米国の金利引き上げでドル建て債券金利とドル相場が同時に沸き上がった昨年下半期が代表的だ。昨年6月から産業銀行、輸出入銀行、現代キャピタル、KTの4社が合計2420億円分のサムライ債を発行した。韓国石油公社(700億円)と大韓航空(300億円)も加わり今年1~2月に大規模資金調達に成功した。

専門家らは韓日関係悪化によりサムライ債発行市場の雰囲気が沈めば企業がこうした利子費用削減効果を享受するのが難しくなるとみている。今年末までに償還するサムライ債規模は950億円だ。国際金融センター関係者は“企業がドルをはじめとしてユーロ建て、スイスフラン建て債券に路線を変えて外貨流動性を確保できる”としながらも“市場環境によりさらに多くの利子費用を負担しなければならないだろう”と話した。
韓国企業、日本にサムライ債発行を断られた可能性浮上!200億円の穴 韓国企業、日本にサムライ債発行を断られた可能性浮上!200億円の穴 Reviewed by Admin_HeavytN on 9月 26, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.