SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

河野外相はGSOMIAの延長を求め!韓国外相が不満を表明と破棄も示唆

日韓外相会談はまたもや平行線に終わった。河野太郎外相は21日、訪問先の北京郊外・古北水鎮のホテルで、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と約40分間会談した。24日に更新期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、日本側は延長すべきだとの考えを伝えた。だが韓国側は検討中とするにとどめた。

また河野氏は、韓国での問題“深く懸念している”と伝え、在韓邦人保護などの対応を求めた。元徴用工問題や、対韓輸出規制でも平行線が続いた。GSOMIAを延長するかどうかは最後まで悩みたいと言いあたかも破棄するかのような示唆をしていた。

両外相の会談は今月1日のバンコク以来で、今年5回目。ただ今回は、日本政府が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する決定を行ってから最初の会談となりました。

会談では、自動更新するかどうかの期限を3日後に迎える両国の安全保障上の機密情報を共有・保護するための協定=“GSOMIA”の取り扱いについても協議が行われました。

河野氏は会談後に記者団の取材に応じ、GSOMIAについて“日米、日米韓で非常に重要な(安全保障上の連携に関する)枠組みだ。しっかり維持していくべきものだ”と語った。一方、韓国青瓦台(大統領府)の金尚祚(キム・サンジョ)政策室長は21日の韓国内での討論会で“最後の瞬間まで悩んで、慎重な決定をする計画だ”と述べた。

河野氏は会談で、韓国の地方議会で日本製品を公共調達から外す条例案策定の動きがあることについて“不適切、不合理だ”と抗議した。日韓の交流事業の取りやめが続いていることにも触れ、“このような時こそ民間交流を維持すべきだ”と呼びかけた。

韓国側は日本が輸出手続きを優遇する対象国“グループA(ホワイト国)”から韓国を除外した政令改正の撤回を求めた。河野氏は“経済産業省は、一定の条件が満たされれば(政府間の)会合に応じるとしている。調整は貿易管理当局に委ねたい”と応じた。

握手をしたのは会談前で、会談後は握手もなく険悪な雰囲気のまま会場を後にした。どうやら韓国では日本が立場を変えた時のみGSOMIAを延長しようという雰囲気になってるらしいね。GSOMIAは基本的に延長されるものだということが分かってない。

さらに、現に文在寅のせいで経済は滅茶苦茶、外交も滅茶苦茶だ。側近とも言える韓国外相は服装で対日不満を表明するくらいに感情を露骨に出すタイプだ。紫は、不満を溜めている人の色だってよく言われるんです。

ただし、今の流れだとGSOMIAを破棄しない何らかの理由付けが必要になると思う。日本の態度に変化があることがGSOMIA延長の条件かのように吹聴してるからな。そこまでして自国を追い込んでる理由だが、やはり去年4月と9月の南北首脳会談での合意事項に含まれてると考えるのが自然だろう。

その前に、20日の午後に日本の衆院会館で韓国の元国会議員を20人ほど招いてセミナーを開催した。韓国が日韓関係でどこが得をするかを考えるべきだと必死にすり寄ってきたものの、日本政府は一様に韓国は国際法違反の状態を是正しろと突っぱねた。

日本の衆議院第1議員会館では“近い隣国、共存共栄する韓日両国”を主題にセミナーが開かれた。

韓国からは元議員の会である憲政会所属の元国会議員20人ほどが、日本からは自民党の現役議員20人ほどが参加した。1時間近くにわたり行われた開会式が記者らに公開された。

韓日関係の未来に向け決断してほしいという韓国元議員の叫びに、日本の議員は教科書に書かれているような判で押した返事で一貫した格好だ。

誰が来ても、結果は一緒だと思います!韓国が国際法違反の状態を改善しなければ、日本としては何も話すことはないです。

チャーチャラッチャ♪
河野外相はGSOMIAの延長を求め!韓国外相が不満を表明と破棄も示唆 河野外相はGSOMIAの延長を求め!韓国外相が不満を表明と破棄も示唆 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 22, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.