SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

G7会議で、“日米首脳が断韓のための対応を協議したのでは?”と専門家が可能性を指摘


安倍晋三首相は、フランス南西部ビアリッツで24~26日に開かれるG7(先進7カ国)首脳会議に合わせて、ドナルド・トランプ米大統領との日米首脳会談に臨む。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことを受け、自由主義陣営から離脱しかねない韓国への対応策を協議することになりそうだ。

“日本は、北東アジアの安全保障環境に照らし、『日米韓の協力に影響を与えてはならない』との観点で、地域の平和と安定を確保したい”“韓国には国と国の約束を守ってもらいたい”。

安倍首相はG7に出発直前の23日、韓国の協定破棄について記者団にこう語った。その表情は、あきれかえっていた。

米国防総省も、警告を無視した文政権への不快感をあらわにし、“GSOMIAの破棄は、文政権の大いなる思い違いなのだと知らしめることになると繰り返し言ってきた”と異例の声明を発表した。

日米両国は、北朝鮮のいった地域の問題に対し、日米韓3カ国の協力体制で対応してきた。だが、文政権の裏切りで、北朝鮮や中国、ロシアが漁夫の利を得て、北東アジア情勢が不安定になるのは避けられそうにない。

文大統領の狙いは何か。注目の日米首脳会談はどうなりそうか。

国際政治学者の藤井厳喜氏は“文大統領は、日本の輸出管理強化への不満を『米国に泣きつけば日本が妥協し、撤回する』と思ったが、動かなかったため、米国に不信感を持った。GSOMIA破棄をきっかけに意図的に距離を置き、韓国世論を米に誘導し、『米韓同盟を米国側から破棄させよう』と狡猾(こうかつ)に動いているのではないか”と指摘する。

やはり、文氏は、北朝鮮との“赤化統一”を狙っているのか!藤井氏は続けた。


韓国側の反応について、韓国政府高官は聯合ニュースに対し、“政府と青瓦台の安保室で(協定延長の)賛否を巡って激論が交わされた。深く考慮したことの一つは、われわれの対話の努力に日本が応じなかったこと”と明らかにした。

また、“(協定の更新期限の)24日以前に協定を延長しても日本は結局、28日に『ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)』から(韓国を)除外する措置を取るとみた”と伝えた。

その上で、“その後、日本が一方的にGSOMIAを破棄する可能性があった”として、“われわれが協定を延長し、日本がこれを破棄すれば、ばかを見ることになる”と説明。

“(日本にとっても)非常に負担になる決定であるにもかかわらずホワイト国から韓国を除外するほど強気に出たのは、『韓国政府とは(共に)できない』と判断したとみなければならない”との認識を示した。

韓国政府としては、問題の解消を促した米国の呼びかけまで拒否して関係改善の努力を行わなかった日本と信頼関係を維持することは難しいと考えたようだ。
G7会議で、“日米首脳が断韓のための対応を協議したのでは?”と専門家が可能性を指摘 G7会議で、“日米首脳が断韓のための対応を協議したのでは?”と専門家が可能性を指摘 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 25, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.