SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本は、韓国に半導体素材一部輸出許可!関税を引き上げる措置について、韓国が先に話題にしてて恐れてるみたいです



日本政府が輸出規制対象の半導体核心材料の3つのうち、一部を近いうちに韓国に輸出できるよう許可する方針であり、そのための最終調整に入ったことが分かった。

8日(現地時間)日本経済新聞によると、このような決定は、経済産業省の個別審査の結果。これは、経済産業省が個別審査に入ってから1ヶ月で下された決定である。

ただ、日本が問題を提起した韓国の貿易管理体制の問題が完全に解消されたわけではなく、対象品目の輸出が完全に円滑になるかどうかは、まだ明確なものではないと付け加えた。

日本政府は、規制が禁輸措置ではないという立場だ。これにより、今回の一部の品目の韓国輸出許可の決定は、このような日本の主張に力を与える見通しだ。

しかし、新聞によると、輸出許可の対象品目、輸出先、輸出業者などに関する具体的な情報は、まだ確認されていない。

経済産業省は先月4日から半導体やディスプレイの製造に使用されるフッ素ポリイミドとフォトレジスト、高純度フッ化水素(エッチングガス)など、3つの主要な素材について韓国に輸出する度に個別に毎回許可を受けるように規制を強化した。

韓国で、日本が韓国への規制を強化したコア材料の3つのうち1つであるフォトレジストの輸出を許可したことが確認された。国内輸入企業は、サムスン電子だ。

しかし、今回の決定にもかかわらず、一部の企業は、輸出の過程で困難を経験しており、韓国の半導体業界が十分な半導体材料を確保することができるかどうかはまだ不確実だと同新聞は見通した。


一方、韓国製品の関税を引き上げる措置について、韓国が先に話題にしてて恐れてるみたいです!日本は具体的な数値を出してないと思うんですけど、韓国ではその数値を最大30%と仮定して試算をしたとか。それによれば、最大で対日輸出が年間2500億円も減ってしまうそうです。日本政府が関税を発動することはあるんでしょうか?

日本が韓国製品に対する関税率を引き上げる場合、韓国の対日輸出がどの程度減少するかに対する分析結果が出た。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院は、釜山(プサン)大経済学科のキム・ヒョンソク教授に研究依頼した“日本の関税率変化にともなう韓国の対日輸出の変化分析”報告書を通じて、日本が韓国製品に対する関税率を既存より30%引き上げする場合、対日輸出が年間最大7.9%、金額では24億ドル(約2576憶円)減少するものと見通した。

報告書は日本の関税の引き上げ率によりシナリオを分析した。関税率10%、20%、25%、30%引き上げの4つに分け、それぞれの引き上げ率にともなう輸出減少額は6.8億ドル、14.8億ドル、19.3億ドル、そして24億ドルだと分析された。輸出減少率は2.22%、4.84%、6.32%、7.88%だった。

関税率が引き上げられれば対日輸出品目の中で医療用機器・精密機器・光ファイバーなど光学機器群、台所用品などアルミニウム群、マグロ・カキなど水産物群、メタノールなど有機化学品群、ボイラー・機械類群などが大きな打撃を受けるという結果となった。

研究を遂行したキム・ヒョンソク教授は“日本の関税引き上げ措置が取られる場合、韓国経済はさらに厳しくなるだろう”。






日本は、韓国に半導体素材一部輸出許可!関税を引き上げる措置について、韓国が先に話題にしてて恐れてるみたいです 日本は、韓国に半導体素材一部輸出許可!関税を引き上げる措置について、韓国が先に話題にしてて恐れてるみたいです Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 08, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.