SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、日本企業就職博覧会を中止へ!韓国通貨・株式が共に大暴落


韓国雇用労働部は9月24、26日にソウルのCOEXで予定していた日本・東南アジア地域の就職博覧会“2019下半期グローバル雇用大展”の開催を中止するか、日本企業を対象から除外する方向で検討することを決めた。

雇用労働部関係者は4日、“ひとまずイベントを保留することにした。日本企業を除外し、イベントの規模を縮小するなどさまざまな案を検討している”と説明した。同関係者は“韓国政府が『韓国の青年を採用してほしい』と就職博覧会に招くのは体裁が悪い”と述べた。

このイベントは雇用労働部が年2回開いているもので、韓国では最大規模の海外就職博覧会だ。

今年上半期に開かれた博覧会には15カ国から184社が参加したが、日本企業は115社(62.5%)を占めた。求人難に直面する日本企業が韓国の青年の採用を望んでいる上、就職難で韓国の青年が日本企業に目を向け、日本での就職が増える傾向にある。

雇用労働部によると、昨年政府の支援を受けて海外に就職した5783人のうち、日本が1828人(38%)で最も多かった。政府は昨年下半期に日本企業だけを招いた海外就職博覧会も開き、今年下半期のイベントも“日本-ASEAN就職博覧会”だと宣伝していた。

一方、日本の外務省は4日、韓国への旅行に注意を呼び掛けた。

外務省はウェブサイトに“日本関連施設やその周辺を訪問する際には,不測の事態に巻き込まれないよう周囲の状況に注意を払ってほしい”と警告した。



一方で、韓国通貨・株式が共に大暴落して防衛ラインを突破されてしまう。

5日、韓国ウォン相場が1ドル=1200ウォン以下に落ちて2年7カ月ぶりのウォン高ドル安を記録している。KOSPI(韓国総合株価指数)は序盤1980ラインの維持に失敗した。コスダック(KOSDAQ)は600ラインが危険だ。日本のホワイト国排除と米中貿易の激化など内憂外患に韓国ウォン相場と株価指数が不安に揺れている。

5日、ソウル外国為替市場でウォン相場は前営業日に比べて5.6ウォン値上がりした1ドル=1203.6ウォンで取り引きを始めた。最近2営業日間で14.9ウォンも値下がりした為替相場はこの日まで、取引序盤まで3営業日連続で20ウォン以上値下がりして急落を続けている。ウォン相場が取り引き中に1ドル=1200ウォンを下回ったのは2017年1月11日以降2年7カ月ぶりだ。

円に対するウォン裁定為替相場はこの日午前9時1分現在、100円=1128.51ウォンで取り引きされている。

この日株式市場も一斉に下落によって取り引きがスタートした。KOSPIの寄り付きは前営業日比0.61%落ちた1985.93となった。コスダック(KOSDAQ)指数は600ライン崩壊の脅威にさらされている。前日より0.16%落ちたの614.69で取り引きが始まった。

この日ウォン相場と株価指数が不安に揺れたことは、日本のホワイト国排除措置による韓日貿易と米国の対中追加関税賦課などで米中貿易に再び火がついたためだ。

ちなみに“ホワイト国除外”。

日本と韓国の双方が損を被ると言われているが、その差は日本への影響は微小だ。

日本政府が優遇措置の対象国から韓国を除外する政令改正を閣議決定したことを受けた措置だが、日本政府関係者は“大きな影響はない”との見方を示している。

日韓両国の輸出入では、日本は韓国から半導体も輸入しているが、“台湾から仕入れることもできる。

さらに、DRAMは東広島市でマイクロンさんが工場を拡張したし、NANDは岩手県で東芝メモリさんが1兆円をかけて工場を建てて、来年稼働だそうです!準備万端ですね。





韓国、日本企業就職博覧会を中止へ!韓国通貨・株式が共に大暴落 韓国、日本企業就職博覧会を中止へ!韓国通貨・株式が共に大暴落 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 05, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.