SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

対馬~釜山の航路がほぼ全て休止に!日韓関係へ大きな前進


素晴らしい流れが生み出されている。一番の懸念事項であった対馬~釜山の航路がほぼ全部休止されたようだ。対馬には入国できる港が北と南の2カ所ある。このうち南にある厳原港との航路を先に休止したそうだ。多くの観光客が南側を好み人気もあるそうだが、時間が倍かかるため燃料費を節約する意図があるらしい。

釜山港湾公社と釜山港国際旅客ターミナルは今月19日から釜山~対馬厳原を運行する旅客船がいずれも運航を見送ると13日、発表した。旅客ターミナル関係者は“対馬は北島の比田勝と南島の厳原港を通じて入国することができるが、観光客はショッピングモールやホテルが集まっている厳原をさらに好み、南側航路を先に中断する”と説明した。未来高速海運が運営する高速船“コビー”が16日から釜山~厳原路線を暫定中断する。

未来(ミレ)高速海運はホームページを通じて“予約人員の変動で9月30日までコビーを休航することにした”と明らかにした。

大亜(デア)高速海運の高速船“オーシャンフラワー”も今月19日から厳原路線の運営を見送る。オーシャンフラワーは月・水・金・土週4回で厳原と釜山を行き来する旅客船を運航した。大亜高速海運も“個人および団体予約の減少で円滑な輸送が不可能で比田勝路線に代替運航する”と話した。釜山と厳原をつなぐ対馬高速フェリー“ブルーつしま”は先月26日から休航に入った。

比田勝路線は当分運航するが、今後対馬へ向かう観光客が減れば路線に変化があるというのが旅客船社側の説明だ。釜山から比田勝までは旅客船で1時間、厳原は2時間がかかる。移動時間は1時間程度の差があるが、ホテル、ショッピングモールなどの様々な施設が厳原に多いため、観光客選好度は厳原がより大きかった。

旅行業界関係者は“厳原路線を先に中断したのは比田勝路線より燃料費がはるかに高いためだが、対馬に向かう観光客が減ればこれさえも維持を保障できない”と話した。彼は“今後船便を利用した日本旅行客が再び増えることは相当期間難しいものと見られる”と付け加えた。

さらに、グーグルマップを見てるんですけど、北の比田勝にはほとんど何もないです!対馬空港も一応あるみたいです。やっぱり飛行機で来るより楽なんでしょうか?

ちなみに博多から対馬に立ち寄る航路もあって、それだと6時間かかるらしい。

ただし、よほどの物好きでもない限り乗ろうとは思わないだろうね。あるいは対馬に何らかの用事がある人とか?

ちなみに対馬空港へのアクセスも調べたが福岡空港から35分だそうだ。1日6便も出ている。普通の日本人であれば航空機で行くと思う。

ネットユーザーは、次は羽田空港と金浦空港の減便を頼みたいと言ってます!そこが無駄に多いせいで、欧米や東南アジアに枠を回せなくなってるとか。対馬は韓国の観光客が減ったことを、逆にアピール材料にすればいいのでは、という提案もありました!

羽田もそうだけど日本中に空港を建てすぎてるよね。全都道府県にある勢いじゃないか?中には韓国との便が大半を占めてる過疎空港もありそうだ。
対馬~釜山の航路がほぼ全て休止に!日韓関係へ大きな前進 対馬~釜山の航路がほぼ全て休止に!日韓関係へ大きな前進 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 14, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.