SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の秋夕以降自動車部品メーカー相次ぐ終わりの懸念!空のトラックも増えている


首都圏にある南東・半月・始華は全国最大の中小製造業密集地域である。この地域だけで約2万5000個の中小メーカーの工場が稼働している。ここを不況の影が襲えば間違いなく現れる現象がある。“工場売却・夜勤中断・空トラック行列”の3点セットだ。

最近になって似たような状況が再燃している。秋夕連休を控えて昼夜を問わず稼働しなければならない工場は止まっところが多く、駐車場には空のトラックが列をなしていた。夜勤は昔話になって久しい。

京畿道半月工業団地と始華工業団地を結ぶ中心道路であるビョルマン二面道路に面した工場のあちこちには“現場工場賃貸(あるいは売却)”などの垂れ幕がかかっている。隠しながら売りに出すのではなく、工場の建物の売却または賃貸横断幕をかけるのが変わった風景だ。近所の不動産屋K社長は“半月と始華工業団地から出た工場物件のみで100件超えていて知識産業センターなどが入居している小さな工場物件まで合わせれば、数百件にのぼるだろう”と述べた。

南東・半月・始華工場は通称“デパート物”と呼ばれてきた。定価で売れるという意味だ。ソウルの永登浦や九老・衿川、京畿道富川などの小さな工場が最も好む1650~3300㎡規模の工場を買って移転する場合、1番に挙げられるところである。交通が便利で、原・副資材需給が容易であるからだ。しかし、K社長は“売却を希望する企業が100人であれば買取希望企業は20~30人に過ぎない程度”と最近の雰囲気を伝えた。

空のトラックも増えている。始華産業団地内の玉口千周辺や南東工業団地二面道路には、本来は忙しく仕事をする時間でも空のトラックが列をなして停車されている。夜勤が減り、団地内の飯場も夕方であっても、ほとんどがハエが飛ぶほど閑散としている。

このような現象が起きたのは、一言で仕事が減ったからである。メッキメーカーS社長は“昨年までは採算性を維持したが、今はそんな境遇ではない”とし“仕事量の確保が最大の課題”と述べた。彼は“私たちのメッキ業界だけでも1年で廃業した業者が20%に達する”と付け加えた。

現場では、中小企業が困っている理由に主力産業の競争力弱化と大企業・中堅企業の工場海外移転、米国と中国の貿易摩擦に伴う中国の景気鈍化などを挙げている。南東・半月・始華は自動車部品、電子部品、機械部品や根幹産業(メッキ鋳物の熱処理など)を営む企業が多い。ほとんどが大企業や中堅企業のパートナーだ。自動車の電子機械など主力産業の低迷が、これらに直撃している。最低賃金引き上げ、労働時間の短縮や環境規制の影響などで、大企業と中堅企業が工場を海外に移転し、仕事が大幅に減った。さらに、米中貿易摩擦、中国景気が低迷で、国内企業の対中国輸出は、今年に入って7月末までに771億ドルで、前年同期より17%も減少した。このような影響は、中小協力企業に影響を及ぼしている。

始華産業団地の場合、業種別稼働率(6月基準)は、機械が58.5%で最も低かった。それだけ設備投資が減少したという意味だ。繊維衣服(61.3%)、非金属(65.1%)などが続いた。半月産業団地も鉄鋼(57.7%)、機械(62.8%)などの設備投資に関連する業種の稼働率が60%前後にとどまった。
韓国の秋夕以降自動車部品メーカー相次ぐ終わりの懸念!空のトラックも増えている 韓国の秋夕以降自動車部品メーカー相次ぐ終わりの懸念!空のトラックも増えている Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 28, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.