SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

米国のハリス大使が韓国政府に不満していた!米韓関係は消える寸前

韓国外務省がハリス大使に対して失望を表明することを自粛しろと図々しくも要求したという。それを受けてか知らないが、29日に予定されていた在郷軍人会が主催する安保講演を突然中止してしまったそうだ。米韓同盟はもはや消える寸前にあると言っていいだろう。

韓国外交部は28日、ハリーハリス駐韓米国大使を呼んで、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA・支所ミア)終了と関連した米国側の相次ぐマイナスの効果についての懸念だという意味を伝えた。最近、米国で韓国政府の終了決定に対する批判が続くと、事実上“招致”(呼んで抗議する外交用語)に準ずる形で抗議の意を伝えたことはないかという観測が出ている。

韓国政府が消ミア終了の決定を下した後、米国側が公に懸念と失望を打ち出した米関係をめぐる不協和音が広がっている。大統領府は韓日支所迷子終了を契機とした韓米同盟も“アップグレード”させると明らかにしたが、米国の不満が続く場合、韓米関係が新たな変曲点を迎える可能性がある観測まで出ている。

ジョー次官の指摘にハリス大使がどのように反応したのかは知られていなかった。ただしあいにくハリス大使は29日に予定されていた在郷軍人会主管安保講演を同日電撃取り消した。一日前、突然のキャンセル理由について郷軍は“最近急変する安保状況と関連し講演時期を暫定延期した”と述べた。しかし、一部ではハリスセリフが組1次官の抗議性メッセージの不快感のせいで講演をキャンセルしたことはないかという観測も出ている。

そう!在郷軍人会が主催する安保講演、つまり在韓米軍が関わる講演会を一方的に中止したそうだ。急変する安保の状況を踏まえて予定を延期した方がいいと判断したらしい。当然次の予定は未定だ。

さらに、米国は最近、私たちに失望した、生産的でないという様に、これまであまり聞いたことがない不満混じりの表現を相次いで出しています。特に韓国たちが今まで毎年してきた独島(ドクト、日本名:竹島)訓練をめぐり初めて不快感を表わしまし。

米国務省は27日、韓国が竹島(島根県隠岐の島町)とその周辺で大規模軍事演習を行ったことに関し、韓国による日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄などで日韓問題が高まっている中での演習実施は“現在の事態解決をする上で生産的でない”と批判する声明を出した。

米国政府がこのように前例にないほど露骨に出てきたのは、不満を意図的に示すためという解釈があります。安保とお金の問題をつなげるトランプ大統領が大幅にあげた費用請求書を差し出すに先立って、事前の雰囲気造成に出たという見解もあります。
米国のハリス大使が韓国政府に不満していた!米韓関係は消える寸前 米国のハリス大使が韓国政府に不満していた!米韓関係は消える寸前 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 29, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.