SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

文在寅政権になってから初だ!韓国軍は日本海全体を韓国領とみなし始めている

GSOMIA破棄を通告したその週末に早速竹島軍事演習、しかも文在寅政権になってから初だそうだ。

竹島(島根県隠岐の島町)で25日に始まった韓国海軍などの合同訓練で、同国軍は、ヘリコプターで島に降り立つ部隊の写真や映像を公開した。

軍の上陸訓練が公表されるのは2016年12月以来で、文在寅(ムン・ジェイン)政権では初めて。

日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したのに続き、日本政府の輸出管理厳格化に対抗して強硬姿勢を示した形で。

訓練は26日まで。規模が例年の2倍程度に拡大された上、名称も“独島(トクト=竹島の韓国名)防衛訓練”から日本海の韓国側呼称を冠した“東海(トンヘ)領土守護訓練”に変更された。

日本政府は“竹島は日本固有の領土。訓練は到底受け入れられず、極めて遺憾だ”として外交ルートを通じて中止を強く求めたが、韓国側は“主権と領土を守る訓練だ”と拒否した。

訓練には、海軍や海洋警察の艦艇約10隻や戦闘機F15Kなど陸海空軍の航空機10機が参加。今回はイージス駆逐艦“世宗大王(セジョンデワン)”も初投入された。

訓練の名称変更について、韓国軍関係者は“特定地域だけでなく、東海のわれわれの領土を全て守るという意味が込められている”と説明。

そう考えるのが自然だよね。韓国にとって対馬などの日本の離島はすべて韓国領、もっと言えば日本列島そのものも韓国領にしたいと考えているはずだからな。なる海軍だけでなく陸軍や空軍も参加しての決意表明的な軍事訓練となった。

しかも、ムン大統領は2045年までに南北を統一させると宣言したんです。

8月15日の“光復節”の式典では“2045年までに朝鮮半島の南北統一を実現する”との構想をぶち上げた。ソウルと平壌で2032年の五輪共催をめざすとも宣言した。
文在寅政権になってから初だ!韓国軍は日本海全体を韓国領とみなし始めている 文在寅政権になってから初だ!韓国軍は日本海全体を韓国領とみなし始めている Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 26, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.