SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国「フッ化水素はドイツとイスラエル企業から輸入可能だ」!ただし、保管に必要な容器まで日本が独占している

韓国は何度同じことを言われたら学習するんだ?日本から輸入できないなら他国から輸入してやる!と意気込むのは分かるが、それがベルギーであろうと台湾であろうと、はたまたドイツであろうと韓国はホワイト国指定されてないから手続きの煩雑さに変わりはないわけだ。普通に日本企業に輸出してもらうための手続きをすればいい話をなぜ複雑化させているのかが本気で分からない。

金孝俊(キム・ヒョジュン)韓独商工会議所会長は21日、韓国経済新聞のインタビューで、日本がホワイト国(輸出手続き簡素化国)から韓国を除外したことに関連し“部品・素材の国産化をドイツ企業が積極的に支援する”と述べながらも、こうした慎重論に言及した。日本の輸出規制などに効率的に対処するためには輸入先多角化と国産化は分離して考えるべきという指摘だ。

技術と市場を確保した代表的な事例として韓国の自動車部品産業を挙げた。金会長は“ドイツのフォルクスワーゲングループやダイムラーグループなど自動車企業が韓国産部品の購買を増やしている”とし“BMWグループだけを見ても460余りの韓国企業を通じてこれまで計34兆ウォン(約3兆円)の韓国産部品を購入した”と伝えた。韓国製品が技術的には中国を、価格競争力では日本を上回っているからだと説明した。

続いて“価格と品質を基本に国際分業を追求してきた枠組みが突然揺らぎ出した今こそ、韓国製造業の未来の位置(ポジショニング)について悩むことができる貴重な時間”とし“このような時期にドイツとの協力は非常に重要となる”と助言した。金会長は韓独企業間の技術協力を仲裁する役割をしている。

金会長は“すでに中小ベンチャー企業部にこうした意思を伝え、近いうちに中小ベンチャー企業部の関係者と会う”とし“数日以内に中堅企業連合会とも協約を結び、韓国の中堅企業との協力を始める予定”と述べた。また“日本の輸出規制で問題になっている半導体素材3品目(フッ化水素、フォトレジスト、フッ化ポリイミド)はドイツのBASFで生産中または生産可能な品目”とし“リストに挙がっている品目の多くはドイツ企業が代替供給できると見ている”と話した。

金会長は“(日本語の)日本のリストが英語に翻訳されれば、ドイツ連邦商工会議所傘下の産業別協会に供覧し、早期に代替品目を選定する”とし“韓独商工会議所内のホットラインを拡張し、すぐにも懸案がある韓国企業と具体的な協力案を議論したい”と語った。

BMWグループコリア会長を務める金会長は昨年4月、韓独商工会議所会長に就任した。韓独商工会議所はドイツ連邦商工会議所の世界140カ所にのぼる海外商工会議所の一つで、1981年に設立された。会員企業は500社で、BASF、シーメンス、ボッシュ、ベンツなど韓国に進出したドイツ企業が約70%、ドイツとビジネス関係がある韓国企業が30%を占める。

金会長は“韓独商工会議所はその間、13兆ウォンの国内投資を通じて10万人の雇用を創出した”とし“最近はドイツ式の仕事・学習並行教育制度『(アウスビルドゥング』を通じて未来の人材育成に努力している”と紹介した。

さらに、21日辺りにイスラエルと韓国がFTAを結んだとかいう報道があったよな。次はイスラエルからフッ化水素を輸入する!実はイスラエルにもフッ化水素製造企業が。

韓国とイスラエルが自由貿易協定(FTA)交渉を最終妥結した。アジアでイスラエルとFTAを結んだ国は韓国が唯一だ。

兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は21日、イスラエルのエルサレムで同国のコーヘン経済産業相とFTA最終妥結宣言式をした。2016年5月の交渉開始宣言から3年余りぶりだ。兪本部長は“基本技術を多く持っているイスラエルとの通商を拡大し、韓国の素材・部品・装備産業の競争力を強化できることになった”と評価した。イスラエルは国レベルで先端技術とスタートアップを集中育成する代表的な“基礎科学強国”と評価されている。

産業通商資源部関係者は“イスラエルから最も多く輸入する半導体製造用装備の関税が3年以内に完全撤廃される。日本装備の代替材を探している企業に役立つだろう”と話した。彼は“日本や中国など競合国に先立ちイスラエル市場を先取りするという意味もある”と付け加えた。

韓国とイスラエルはFTA協定文案の法律検討作業を終わらせ、協定文英文本公開、正式署名、国会批准などの手続きを踏む予定だ。来年上半期の発効を目標としている。

ただし、保管に必要な容器まで日本が独占しているとかいう話もあったよね。それに韓国へ短いスパンで輸出できるのは日本や台湾、中国くらいしかいない。欧米なら日本のフッ化水素より純度が高いはずだ!とか根拠もなく思い込んでるんだろうけど、距離の長さから考えて近隣諸国から輸入する以外には考えられないんだよ。

さらに、高純度フッ化水素は100の工程それぞれで添加物が違うそうです!その情報はフッ化水素を使うサムスン側は持ってないみたいで、日本企業の協力がなければ絶対に作れないそうです!

だから、高純度フッ化水素自体があってもダメで、ノウハウを知らなければ国産化も輸入も使うのは不可能みたいです!日本の技術者を引き抜いたとしても、全部は理解してないって。

な!盗みたくても盗み出せない高度な技術で半導体産業は成り立っていたわけだ。






韓国「フッ化水素はドイツとイスラエル企業から輸入可能だ」!ただし、保管に必要な容器まで日本が独占している 韓国「フッ化水素はドイツとイスラエル企業から輸入可能だ」!ただし、保管に必要な容器まで日本が独占している Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 23, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.