SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

インフラ老朽化に悩む韓国が日本企業に支援要請するも門前払い!韓国の若者、ついに日本企業への就職が困難に


韓国経済の問題が顕在化してきた。“企業収益の悪化”“失業率の上昇”など、多くの経済指標が悪化しているのだ。

こうしたなか、技術不足による“インフラ問題”が、韓国経済の心配になりかねないとの分析がある。

韓国のあるエネルギー製造工場の設計をした日本のプラント会社の技術者らは数年前、完成した工場の稼働データを見て頭を抱えた。日本製の機器が使われているのに、予定通りの生産ができないのだ。

理由を調べると、配管などの建設工事がいい加減で、ガス漏れや故障が頻発していた。インフラ技術が劣っていたうえ、製造機械の運用も乱暴だったという。

韓国企業はクレームをつけようと構えていたが、日本側が客観的な数字と原因を提示したところ、黙ってしまったという。

“日本では『カイゼン』(=製造業の生産現場で行われる作業の見直し活動)で、建設後に予定以上の成果を出す工場が大半だ。だが、韓国は細かい技術力がどうしても劣る”(担当技術者)

日本の産業界は今でも、世界最高水準の技術と売り上げを持つ企業が並び、インフラ作りは大変強い。韓国では、その分野を1980年代まで日本企業に依存し、その後は国内企業にシフトしたが、最先端分野ではまだ日本に追いつけない。

海外事業にも挑戦しているが、2018年にラオスで同国のSK建設が作ったダムが決壊する大事故を発生させるなど、技術力での国際評価は低い。

こうした状況下で、韓国企業が日本のインフラ技術を再び頼りたがっているという。インフラは20、30年ほどで大幅な更新が必要だ。韓国の大規模建設物は近年、作り替えの時期を迎える物が多い。

特に、エネルギー分野では、2019年春に文大統領が打ち出した“第3次エネルギー基本計画”で、脱石炭、再生可能エネルギー、省エネに役立つ取り組みに多額の補助金が出ることになった。

韓国に、この分野の技術は乏しく、強い企業も少ない。

そのために今、韓国は官民そろって日本企業に対し、韓国でのエネルギーを中心としたインフラでの共同事業への参加を呼びかけている。液化天然ガス(LNG)の活用や、再エネ対応の送配電システム、工場や公共施設の省エネ化といった分野だ。

インフラを担う日本企業は戦前からの老舗が多い。しかし、日本側は、どの提案も“門前払い”をしているという。


一方、韓国の若者、ついに日本企業への就職が困難に。9月に開催予定だった日本就職フェアをやめて11月にグローバル就職フェアにするということだが、就職活動が2カ月遅れるだけでも韓国の学生は不利な立ち位置となるだろう。

韓国政府が海外就職を準備する求職者のための就職戦略説明会から日本を除外した。これに先立ち政府は来月開催予定だった日本企業中心の海外就職博覧会をキャンセルした。

韓国雇用労働部は21日の光州(クァンジュ)をはじめ、大邱(テグ)、大田(テジョン)、ソウル、釜山(プサン)と移動しながら5日間の“2019下半期海外就職戦略説明会”を開催すると20日、明らかにした。韓国産業人力公団と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が主管する。

今回の説明会では▼米国・ASEAN(東南アジア諸国連合)就職戦略▼人力公団の海外就労支援と研修事業▼米国・シンガポール就職メンタリング▼英語履歴書の添削▼面接コンサルティング--などを進める。求職者は就職を希望する国の業種別雇用市場動向と採用傾向、人材像など個別戦略に接することができる。該当国の労働法、問題発生時の権利救済案、現場就職経験も共有される。外国での就職を希望する求職者の立場では貴重な説明会となる。

ところが今回の説明会では日本を対象にした就職戦略説明が除外された。毎年主要国として扱われてきた点を考慮すれば異例だ。今年3月に日本を別にして就職戦略説明会を開くなど、ほぼ毎年、日本単独説明会を開催してきたほどだ。退職金、有給休暇、勤労契約書作成方法のほか、日本の大学教授の講義、情報通信(IT)就職戦略など業種別の戦略まで提供された。

9月に開催予定だった海外就職フェアに対する日本企業の参加制限が検討されると、安倍晋三首相は“そんな(再検討)ことしたら、韓国の学生が困るのではないのか”と話して論議を呼んだ。日韓議員連盟の幹事長を務める河村建夫元官房長官は“安倍首相が逆に(韓国学生を)心配した”と話した。

韓国の若い人達を日本にやれなくなったら、どうするんですか?

代わりに欧州やら東南アジアへ就職させるとしているが、英語も覚束ない韓国の学生にどこまで需要があるのかは疑問符がつくよね。英語力だけならそれこそ東南アジアだけで賄えるからな。サムスンも軸足を東南アジアに移し始めてるしね。東南アジアの方が人件費も安い。

確かにベトナムやフィリピンの方が人件費は韓国の半分かそれ以下だろうからな。ベトナムの労働者は勤勉とも聞くしサムスンにとっては韓国を見捨てない理由がないとさえ言える。意地悪クラブのサムスンなら、給料をドンドン下げると思います!
インフラ老朽化に悩む韓国が日本企業に支援要請するも門前払い!韓国の若者、ついに日本企業への就職が困難に インフラ老朽化に悩む韓国が日本企業に支援要請するも門前払い!韓国の若者、ついに日本企業への就職が困難に Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 21, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.