SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本品種のコシヒカリ排除で韓国農家だけが損害を被る喜劇が発生

韓国で、全国からきた米を消費者たちがまじまじと調べています。

栽培した地域は違いますが、日本品種のコシヒカリやチュチョン(“秋晴”の韓国読み=アキバレ)が多いです。販売される米ブランド36個のうち60%以上が日本品種です。日本品種の栽培面積は10%程度です。

日本品種の大部分は導入されて数十年がすぎ、ロイヤリティーは支払わなくても良いです。

しかし、最近、不買問題で食文化の基本の米だけは固有品種を選択したい、という消費者が増えています。

“この頃、韓国で、コシヒカリは日本種だからとお買いにならない方々が多いです。”

韓国政府も2023年から日本品種の種子普及を中断する計画です。また、毎年買いとる公共備蓄米から日本品種を除く法案も検討中です。ただし、韓国の米品種があまり知られていないので、日本米より味も落ちることとした認識が障害になっています。


一方、いまだ日本製品を使い続ける韓国美容業界。

美容室はまさに日本製品天地です。日本製ヘアケア製品はもちろん、様々な道具が使われている。美容室はカフェに続き、自営業の業種2位で全国に6万6000ヵ所余りの店舗が運営されている。

現在、美容室でよく使われる日本製品は“資生堂”をはじめ、“ミルボン”“ルミネッサンス(ムコタ)”“デミ”“コタアイケア”“ハホニコ”“ホーユー”“テクノエイト(ホイミホイミ)”“アジュバン”など多様だ。美容室によって違うが、ヘア製品の半分以上が日本製品であり、高級なヘアサロンの管理サービスには日本製品がより多く使われているという。

日本はヘア製品の開発にいち早く参入し、技術力が韓国より進んでいるという評価を受けている。“資生堂マジック”“ミルボン染色”“ムコタクリニック”のような特定の日本製品ブランドを美容室でサービス名に使うほどだ。主要ポータルで資生堂やムコタを検索すれば、“資生堂マジック”“ムコタクリニック”が得意とする美容室のレビューが並んでいる。

ソウル新林洞のある美容室関係者は、“国内の美容室では、ハサミやくし、ピンセット、パーマ剤、染毛剤、パーマ器具など日本製品が無尽蔵に多い”とし、“韓国製品を探す方が難しいほどだ”と話した。

最近、一部の美容室は、“日本産のヘア製品を使わない”と明らかにしたが、多くの店舗は依然として“顧客が好むので仕方がない”という立場だ。

これに対して一角では、美容業界も日本製品の代替に向けた公論化に乗り出すなど、積極性を示すべきだという自省の声が上がっている。

ただし、ある美容業界関係者は、“日本製品の使用は美容界の根強いだ。良いハサミはほとんど日本製品、使用するシャンプーと染色薬なども相当数が日本製だ”とし、“これを一気にすべて国産品や他の海外製品に取り替えるのは難しい”と述べた。




日本品種のコシヒカリ排除で韓国農家だけが損害を被る喜劇が発生 日本品種のコシヒカリ排除で韓国農家だけが損害を被る喜劇が発生 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 18, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.