SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国は、訪韓日本人は増えた!これの真実は何ですか

韓国を訪問する日本人観客数が最近のに増加を続けていることが分かった。

韓国法務部は5月から7月まで3カ月間日本人入国者が85万453人で、前年同期より21.6%(15万1326人)増加したと13日発表した。6月30日日本が韓国をホワイトリスト(輸出手続き簡素化国家)から除外する規制を施行するという意向を明らかにした後にも日本人入国者は減らずに前年より増加していることが明らかになった。7月の日本人入国者は27万7297人と前年同期より19.2%増加した。

6月よりは2.6%減少したが、日本人入国者は毎年7月が6月より減って日本の規制とは関係がないと分析された。

8月にも1日から12日まで日本人入国者数は12万8233人で前年同期より16.1%増加した。日本人入国者の80%程度は観光目的で、残りは事業・就職・留学などの目的であることが分かった。全体外国人入国者の中で日本人入国者の割合は約18%水準で30%以上を占める中国人の次に多かった。引き続き、台湾と米国人の順だった。

韓国法務部のイ・サンダル移民情報課長は「これまでの日本人入国者数統計だけで見た時、韓日貿易問題の影響はほとんどなかったと言える」として「今後どのような推移を見せるかは未知数」と話した。

一方、最近3カ月間出入国者は2407万5024人で前年同期より9.6%増加した。韓国人出国者は759万2581人と5.2%増加し、外国人入国者は449万5176人と17.2%増加した。

その理由は、日韓間での航空需要の減少は航空券の値下がりを招き、条件によっては国内旅行の交通機関より安いという事態になっている。

航空券価格比較サイト“トラベルコ”を運営する株式会社オープンドアによれば、19年夏の日本国内主要都市(東京・大阪・名古屋・福岡)とソウルを結ぶ直行便の価格は、全体的に18年より安い傾向にあるという。

トラベルコが調査した18年7月31日時点と、19年8月13日時点での同条件(各年とも8月31日日本発、9月1日日本着)の航空券価格を比較すると、東京―ソウルの最安値の価格水準は18年が2万3000円台に対し、19年は1万3000円台。大阪―ソウルでは18年が1万5000円台であるのに対し、19年は9000円台にまで下がっている。条件によっては前年比3分の1以下の価格となる路線もあるそうだ。

本来8月は夏休みで航空券も高騰するシーズンだが、この値下がりように、“国内旅行より韓国旅行の方が安い”“1ヶ月前以上前に予約した時より同じ便が安いw座席もスッカスカ”“大阪から東京に行くのも、ソウルを経由した方が夜行バスよりも安いやん笑”といった声も出ている。

日韓間の航空需要の低下が続けば、さらに常識外れの低価格が現れる可能性もある。

さらに、1か月間で5%も“ウォン安”になってしまった。ここ数週間、円高が進んだため、ウォンの対円レートもかなり変動した。

5月1日には100円=1044ウォンだったが、7月1日1066ウォン、8月1日1086ウォン。2日1106ウォン、6日1146ウォン、13日1160ウォンとなった。

日本の観光客にとってはありがたい話だが、韓国からの観光客にとっては逆風だ。
韓国は、訪韓日本人は増えた!これの真実は何ですか 韓国は、訪韓日本人は増えた!これの真実は何ですか Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 15, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.