SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「バンコク日韓外相会談」結局手ぶら…「日本、ホワイト国撤回確答なかった」


韓日が1日、タイのバンコクで行われた外相間の会談でも“ホワイトリスト(輸出優遇国)”除外措置など、韓日の合意点を見つけられなかった。

康京和外交部長官はこの日午前、タイ・バンコクのセンターラグランドコンベンションセンターで開かれた日本の河野太郎外相との会談が終わった後、記者たちと会い、“日本側がホワイトリスト除外に関して何ら確答をしていない”と述べた。

康長官は、“もしそのような措置(ホワイトリスト除外)が、実際に行われるのであれば、韓日両国関係に来る厳重な波紋について明確に話をした”と付け加えた。

外交部当局者も、韓日外相間会談が終わった後、記者たちと会い、“日本側に大きな変化はない”とし、“韓日双方に溝がまだ相当ある”と会談の雰囲気を伝えた。

この当局者は、“我々は1時間近く行われた会談で、強力に輸出規制の問題を話した。特に、“ホワイトリスト”除外を中断することを強く求めた”と伝えた。

康長官は、米国が韓日葛藤を仲裁するために、締約国間の協定の締結を提案したという報道については、“米国の仲裁の前に、我々側で日本の輸出規制問題や強制徴用判決の問題について協議をし、(案を)作り出す時間的余裕が必要である”とし、“通常的に問題がある国家間には、最終的に協議を通して解決点を見出す必要があるが、そのような努力をすることができる時間と余地が必要であることを明確に話した”と答えた。

政府内で、破棄検討の話が出ている韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)を延長するかについて姜長官は、“明日の日本の閣議で、“韓国をホワイトリストから除外”という決定になるのであれば、我々としても必要な対応措置を講じざるを得ない”と強硬対応の方針を示唆した。

カン長官は“日本が輸出規制措置の理由で安全保障上の理由を打ち出した”とし “私たちもいくつかの日韓安保の枠組みを再検討するしかないと話した”と付け加えた。

康長官は、“GSOMIAを見直すという意味なのか”という取材陣の質問に、“韓日安全保障協力の枠組みに影響があるという点を日本側に話した”と政府が日本のホワイトリスト除外措置が決定されれば、GSOMIA破棄で対応することを改めて示唆した。

日本は2日に開かれる閣議でホワイトリスト除外措置を決定するものと予想されている。この日、日本が見せた微妙な態度から見て、閣議決定は、すでに決定されたものと見られるという観測が出ている。

韓日はこの日、日本の輸出規制措置とホワイトリスト除外示唆による葛藤局面の後、最初の外相間会談を行った。しかし、両国の立場の違いを狭めることができず、葛藤局面は継続されることになった。

変数は、2日に開かれることが予想されるる韓米日3者外相会談である。米国がこの会談で、韓日両国の積極的な和解を仲介するならば、対立局面の縫合が始まることもある。

その前に日本政府が、戦略物資輸出の簡素化対象から韓国を除外する為の手続きを進めるという立場を31日、改めて明らかにした。

日本政府スポークスマンの菅義偉官房長官は、同日午後、定例会見でこれについて“今回の輸出貿易管理令の改正は安保の為に輸出管理制度の適切な運営に必要な見直しであり、その方針に変化はなく手続きを進めていく”と述べた。

菅長官は“ホワイト国”から韓国を除くと、韓国の反発が予想されるとし、日本政府が韓国との関係を改善しようという意識があるのか、という別の記者の質問に対し、これは“輸出管理の見直し”という次元だという従来の説明を繰り返した。

また“韓日関係は、これまで韓国側から否定的な動きが続き、非常に厳しい状況が続いている”とし“わが国としては様々な問題に対して一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を強く要求して行くという考えに変わりはない”と強調した。

菅官房長官は“この様な一貫した立場のもとに、来月1日に予定された韓日外交長官会談の場を含めて、これまでと同様に両国間の懸案に対して、まともに議論を重ねているのは重要だ”と話した。共同通信が報じたところによると、世耕弘成経済産業相もこの日、法令改正について“手続きを進めていく”と述べ、韓国を除外するという方針に変更がないとの考えを改めて強調した。

ここまで期待感をあおっておいてやっぱり延期じゃ安倍政権が持たなくなるよ。ならば最初からそういう話をぶち上げなければよかったとなるからな。よって2日の閣議決定は動かないだろうと俺も9割方確信している。何事も油断は禁物なので9割にとどめた。







「バンコク日韓外相会談」結局手ぶら…「日本、ホワイト国撤回確答なかった」 「バンコク日韓外相会談」結局手ぶら…「日本、ホワイト国撤回確答なかった」 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 01, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.