SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国で工作機械を作動させるソフトウェアの90%が日本産!ドイツ産の代替に6カ月以上かかる問題が予想される


韓国が取り組まなければ成らない素材以外の物があります。それは、製造業に欠かせない“工作機械”です。所が、この機械その物よりは、この機械を自動で動かすソフトウェアの90%が日本産なので韓国企業が解決策を見出すのに忙しい時間を過ごしています。

金属などの素材を削ったり、圧縮して精巧な部品を作り出す工作機械は機械を作る機械、いわゆる“マザーマシン”と呼ばれます。

自動車や航空産業など製造業全般の必須装備で韓国業界も輸出しています。

問題はこのような工作機械が作動するよう命令する中核ソフト、CNCの90%が日本産だということです。

日本は、長い期間グローバル業界の標準に位置している状況なので、代替が簡単ではありません。

檀国(タングク)大学機械工学科のチ•ソンチョル教授:“もし日本で(CNC)規制をすれは、韓国の自動化された工作機械を生産するうえで、かなり大きな影響が予想される。”

韓国産CNC開発も進行中ですが、まだ適用範囲に限界があります。

韓国金京東•工作機械産業協会理事:(韓国産は)高級仕様に使うにはまだ信頼性もそうだし、製品仕様も不足です。一部低級仕様の機械や彫刻機もこれに使っています。

もし日本がを統制すれば、ドイツ産で代替することができるが、新しいソフトウェアに合わせて生産工程を変えて人材も再び教育しなければならない、6ヵ月~1年の生産の空白と追加費用が発生することができます。

韓国業界は非常体制に突入しました。

現代ウィア関係者:“(CNC規制の有無)予測が困難な状況なので、様々なシナリオを内部で検討し。対応策を模索しています”。

製造業の中核装備である上、事態が長期化する可能性が高いだけに、韓国産化のスピードを出せる集中支援が今はできません。


さらに、韓国がホワイト国から外れたので、日本の銀行が単独で信用状を韓国企業に発行できなくなった、って言ってる人がいたんです!

正確に言うと、韓国企業が輸入代金を支払うために発行していた信用状に、今まで日本の銀行が与えていた債務保証を単独で発行できなくなって。

要するにホワイト国以外の仲介貿易をする場合には経産相の許可が必要になるんだ。

じゃあ、ひょっとして、みずほ銀行にもどうしようもないということです。

経産相によって許可が出された前提で、信用状をみずほ銀行が保証するわけだからな。みずほ銀行単独で勝手に動くことはできないわけだ。仲介貿易に関わる企業すべてが経産省の管理下に置かれるからな。

やっとそれが、管理の厳格化なんです!仲介貿易そのものを厳格に管理するから、そこに関わってくる信用状の発行についても同様に厳格化されるという流れだ。






韓国で工作機械を作動させるソフトウェアの90%が日本産!ドイツ産の代替に6カ月以上かかる問題が予想される 韓国で工作機械を作動させるソフトウェアの90%が日本産!ドイツ産の代替に6カ月以上かかる問題が予想される Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 12, 2019 Rating: 5

2 件のコメント:

  1. [url=https://avaco.com.vn/thiet-ke-nha-xuong-nha-kho.html]thiết kế nhà xưởng[/url], [url=https://avaco.com.vn/thiet-ke-nha-xuong-nha-kho.html]thiết kế nhà kho[/url], [url=https://avaco.com.vn]thiết kế chùa[/url], [url=https://avaco.com.vn]thiết kế đình chùa[/url]

    返信削除

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.