SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大韓航空の株価が急落!88億円台の営業赤字を


韓国の航空会社が、8社中8社全部が赤字に転落してしまったんですけど、その中でも大韓航空は株価がドンドン落ちてて、確認できる中での過去最安値を更新してしまいました!どうしてこうなってしまったんでしょうか?

14日に韓国の二大航空会社である大韓航空とアシアナ航空の4-6月期実績が発表されると、航空業界は満足していない。両社とも業界の予想を大きく下回る1000億ウォン(約88億円)台の営業赤字を出したためだ。

これに先立ち実績を発表した格安航空会社(LCC)を合わせても、韓国の航空会社8社で今年4-6月期に黒字を出した所は1社もなかった。大韓航空とチェジュ航空の株価は16日の株式市場取り引き時間中に一時、この52週間の新安値を記録した。

国内航空産業が四面楚歌(そか)に陥った。急激な最低賃金引き上げや為替レート上昇(ウォン安)のせいでコストが増加した上、日本への旅行キャンセル、香港の問題、中国新規路線就航計画中止まで重なり、踏んだり蹴ったりの状況だ。

景気不況長期化で旅行消費心理が大幅に下がり、航空産業全体が泥沼に陥ってしまうのではないかという懸念が広がっている。ある航空会社の役員は“20年以上この仕事をしてきたが、これほどまでにあらゆる悪材料が一度に噴き出したのは初めて。突破口すら見えていないので余計に心配だ”と話した。

大韓航空は今年4-6月期の営業損失が1015億ウォン(約89億2600万円)を記録、前年同期(824億ウォン=約72億4600万円の黒字)から赤字に転落した。

昨年4-6月期239億ウォン(約21億円)の営業利益を出したアシアナ航空は今回1241億ウォン(約109億1300万円)の営業損失を出した。証券業界関係者は“4-6月期は旅行のオフシーズンに当たるが、赤字幅がこれほど大きいとは予想できなかった”と話した。証券業界では当初、大韓航空の4-6月期営業損失を200億ウォン(約17億6000万円)台と見ていた。

実績不振の原因として大きく作用したのはコスト増加だ。大韓航空は最低賃金引き上げで外注コールセンター職員の用役費が前年同期比で91億ウォン(約8億円)増加した。大韓航空職員の人件費は393億ウォン(約34億5600万円)増えた。空港利用料も945億ウォン(約83億1000万円)も増えた。

大韓航空関係者は“海外の空港の場合、ドルで決済するため、ウォン安になるとコストが大幅に増加する。ウォン安による空港利用料増加分は252億ウォン(約22億1600万円)に達する”と言った。アシアナ航空も同様の理由で赤字に陥った。チェジュ航空・ジンエアー・ティーウェイ・エアプサンなどLCC 6社はこれまで急成長を遂げて先を争うように航空機を導入、格安チケット競争を繰り広げてきたが、悪材料が重なるやいなや収益性が急落した。

さらに、今日は大韓航空の株価に注目したんです!調べたら、過去最安値を更新してしまったみたいなんです。

先週金曜日の株価が、終値は22850ウォンだったんですけど、朝に一旦22000ウォンまで落ちてるんです!その水準まで落ちたのはいつ以来だろうと思ったら、過去ずっと遡っていっても全然見つからなかったんです。

Googleの株価チャートを見てるが、5分足でしか現れないごく短い時間帯で急落したようだね。8月16日の午前9時5分に一瞬だけ22,000をつけ、その後9時30分には22,250まで回復している。日足だと22,850で前日比マイナス50なのでそこまで落ち込んだようには見えない。
大韓航空の株価が急落!88億円台の営業赤字を 大韓航空の株価が急落!88億円台の営業赤字を Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 19, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.