SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国のフッ化水素輸入量が7月に激減していた!日報復に3,000トン→529トン減


韓国ポータルサイトの記事によれば、フッ化水素の7月輸入量は529tだったという。輸出管理強化が始まる前に承認を受けた分が時間差で輸入されてきたわけだ。6月までが3,000tだったことを考えれば激減だ。8月以降の輸入量はおそらく0tになってるはずなので、フッ化水素の在庫は今月中にも終わり状態となるだろう。

7月の規制対象の半導体・ディスプレイの核心素材3種のいずれかである高純度フッ化水素の輸入量は今年、毎月平均値の6分の1の水準に急減したことが分かった。

高純度フッ化水素が先月4日、日本の規制措置実施後に一件も輸出承認が行われていないことが知られている点などを考慮すると、先月、国内に入った量は規制直前の承認を受けておいた物量と推定される。

16日、関税庁貿易統計によると、通関ベースで、7月の1ヶ間529トン規模の半導体製造用フッ化水素(フッ化水素・別名エッチングガス)が国内に入ってきた。金額で計算すれば96万1,000ドル分だ。今年に入って毎月平均3,085トンを日本から輸入してきたことから、6分の1の水準に急減したものである。今回の統計は、先月4日、日本が韓国に半導体コア材料3品目について断行した規制措置が反映された最初の数値だ。関税庁の関係者は“日本の輸出規制が施行された4日前に申請して許可を受けて、国内に入ってき物量が7月の通関実績に取れたものとみられる”と述べた。4日前、日本政府が承認した物量が時差を置いて国内に入ってきて、7月の実績に反映されたというものである。

さらに、韓国でフッ化水素が横流しされたことについては経産省の元貿易管理部長も知っている。

かつて経済産業省貿易管理部長としてこれらの問題に対応してきた細川昌彦氏は、“韓国の半導体産業に大打撃”、“世界の供給網に影響を与える”といった見方は不安を煽り過ぎだと指摘する。8月12日、韓国が日本を輸出管理の優遇対象国から除外を決定した件についても実態上の影響はほとんどないと細川氏はみる。

これに対してフッ化水素についてはほぼ全量個別許可の対象になるが、同様の個別許可を求められている台湾の半導体産業に何ら支障は生じていない。

ただし、サムスン電子は中国にある自社工場に日本から輸入したフッ化水素を横流ししていたのではないかとの情報もあり、ずさんな管理がないか厳正にチェックする必要はあるだろう。

個別許可については、前述の審査期間だけでなくさまざまな誤解もあるようだ。個別許可も船積みごとではなく、契約ごとで、有効期間も6カ月あるのだ。

審査に要する書類が材質・性能を示す資料や納入先企業の調達実績や生産状況を示す資料、誓約書など9種類もあって大変だとの指摘もある。しかし個別許可への過渡期は多少戸惑いがあっても次第に慣れてくるものだ。現に他のアジア向けの個別許可では問題なく対応している。

こう見てくると、“韓国の半導体産業に大打撃”“世界の供給網に影響を与える”というのは不安をあおり過ぎだと言わざるを得ない。

台湾は、横流ししてないです!韓国は、横流しをしました!その違いは大きいと思います!
韓国のフッ化水素輸入量が7月に激減していた!日報復に3,000トン→529トン減 韓国のフッ化水素輸入量が7月に激減していた!日報復に3,000トン→529トン減 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 18, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.