SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

今年上半期、韓国財政史上最大の赤字!コスピが6営業日連続の下落である


今年上半期韓国政府財政が過去最大の赤字を記録したことが分かった。景気低迷に伴う法人税・所得税の税収不振と韓国政府の予算の早期執行方針が重なった結果だ。

7日、企画財政部が発表した月刊財政動向8月号(6月末基準)によると、1~6月の管理財政収支は59兆5000億ウォンの赤字を記録した。これは、2011年に関連統計が作成され始めて以降で最高値だ。

上半期総国税収入は156兆2000億ウォンで、1年前よりも1兆ウォン減少した。これは、地方消費税率引き上げ(11→15%)に基づいて付加価値税が減少(1兆8000億ウォン)した結果だ。付加価値税進捗率は前年同期比1.4%ポイント落ちた50.2%を記録した。上半期の法人税、所得税進捗率もそれぞれ54.0%と55.4%に留まった。これは1年前に比べてそれぞれ10.5%ポイント、5.4%ポイント下落した数値だ。

上半期税外収入は前年比6000億ウォン減少した14兆1000億ウォン、基金の収入は3兆9000億ウォン増加した75兆7000億ウォンとなった。税金と税外収入、基金の収入を加えた上半期総収入は246兆ウォンで、前年同期比2兆3000億ウォン増加した。

企財部の関係者は、“今年の税収は歳入予算から大きく逸脱していない流れ”とし“付加価値税の7月確定申告、法人税の8月中旬予納などの主要な税目の納付状況をもう少し見守る必要がある”と説明した。

一方、2019年上半期中に総支出は37兆2,000億ウォンも増えた。

韓国企財部の関係者は、“ただ、韓国政府は税収進捗率が1年前と同じようなレベルであるという点で、年末には、統合財政収支が黒字を記録する”と述べた。

6月末基準中央政府債務は686兆9000億ウォンで、前月より1兆5000億ウォン増えた。外国為替平衡基金債券(1兆6000億ウォン)、国民住宅債券(1兆1000億ウォン)などが増えた影響である。6月は債務の返済が行われる月であり、通常、国家債務は比較的小さく表示される。


さらに、7日、コスピが下落し終えた。6営業日連続の下落である。

コスピは前取引日比7.79ポイント(0.41%)下げた1,909.71で取引を終えた。コスピが6日連続下落したのは2月28日~3月8日(6営業日)以降5カ月ぶりだ。

この日の前場より7.83ポイント(0.41%)上がった1,925.33で出発した後、取引時間中1,930線近くまで反発したが、1,901.61に落ちるなど、大きな変動を示した。

有価証券市場で外国人と機関がそれぞれ988億ウォン、991億ウォン分を純売り越した。個人は1772億ウォンを買い越した。


その前に5日49兆ウォン6日26兆ウォンの両日間株式市場で75兆ウォンが蒸発しました。

“株式市場を支えたのは機関でした。取引開始直後、急落振りを見せたコスピは、年金•基金を中心にした機関投資家らの強い買い注文を受け、下げ幅は縮小しました”。

巨額を投じた個人投資家たちは虚しい心を隠せませんでした。

カギは下半期の輸出がいかに回復するかと言いますが、対外環境は依然として不確実な状況です。

日本から100億ウォンの賠償を受ける為に、数千億ウオンと証券市場75兆ウオンを蒸発させて、国民年金が全部底をついたらどうする。






今年上半期、韓国財政史上最大の赤字!コスピが6営業日連続の下落である 今年上半期、韓国財政史上最大の赤字!コスピが6営業日連続の下落である Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 08, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.