SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国企業がままコスダック市場で上場廃止されることもある!420億円が紙切れに

コーロンティッシュジンという企業が上場廃止の危機に瀕してるそうです!コスダックでの上場時の書類に虚偽事項が記載されていたのが理由とか。もし上場廃止が決定されると、420億円近くが紙切れになって数万人の投資家が心配になるそうです。

“ワンマン社事態”で論議に包まれたコーロンティッシュ陣上場廃の問題に追い込まれた。韓国取引所の1次審査で上場廃止に向かって傾いた。韓国取引所コスダック市場本部は26日、企業の審査委員会(ギシム位)審議結果コーロンティッシュれたの1次審査で株券上場廃止を決定したと公示した。

コーロンティッシュ陣は追加審査経過によっては、そのままコスダック市場で上場廃止されることもある。今回の審査は、上場廃止を決定するための手順のいずれかであって、まだコーロンティッシュ陣上場廃止されるものと断言するのは難しい。

取引所は、その後、15営業日以内にコスダック市場委員会を開き、コーロンティッシュ真意上場廃止するかどうかを再度審議、議決することになる。

コスダック市場委員会で再度上場廃止の決定が出ても、会社側が異議申請すれば一回より審議を受けることになる。

上場廃止するかどうかは、事実上、3審制方式で決定されるからである。

今後追加審査の過程で改善期間の付与が出れば、最大2年までの企業の改善計画の実施により、会社の復帰時間が与えられることもある。

前コーロンティッシュ陣コーロン生命科学の骨関節炎遺伝子治療剤“ワンマン移住”(以下インボ社)は、主成分が当初知られている軟骨細胞ではなく、腎細胞(293由来細胞)であることが明らかになり、5月末食品医薬品安全処で品目許可が取り消された。

これ取引所は、上場審査ペーパーの重要な事項の虚偽記載または欠落に該当すると判断すると、コーロンティッシュ真意株式取引を停止して、上場適格性の実質審査対象と定めた。

今回の決定について取引所の関係者は、“上場当時の書類が虚偽であったか、その過程に重大な過失があったかなどを集中的に審議した”と明らかにした。また、“審議結果最近ワンマン社品目許可取り消しや裁判所のキャンセル停止仮処分申請棄却、米国食品医薬品局(FDA)の臨床中止情報などを考慮すると、腎臓の細胞や臨床開始の事実が会社側の主張と異なると言えるだろうは状況が客観的に確認されている”と説明した。

この関係者は“このような内容が投資判断に及ぼす影響が非常に大きかった”とし“これはバイオ専門企業として故意はないが、少なくともとても重大な過失は認められることができる”と指摘した。

コーロンティッシュジン時価総額は知人ボサ製造・販売中止になる前の3月末の2兆1021億ウォンで株式取引停止された5月の末4896億ウォンで76.75%も減少した。

このうち少数株主は、昨年末現在、5万9445人で36.66%の株式を保有している。もしコーロンティッシュ陣最終的に上場廃止されると、これらの株式は、すべてヒュジト作品になってかなりの投資家の被害が避けられない見通しだ。

もし上場廃止になって紙切れになったら、損失額が420億円になるとも言われてます。
韓国企業がままコスダック市場で上場廃止されることもある!420億円が紙切れに 韓国企業がままコスダック市場で上場廃止されることもある!420億円が紙切れに Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 27, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.