SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

2回目で半導体材料の輸出許可!韓国向けのフッ化水素、未だに輸出許可出ず!韓国の次のターゲットは石油輸出



もはや日本の輸出許可報道はサムスンにとっての悪材料としかならない。19日付で日本がフォトレジスト許可の2件目を出したそうだが、フッ化水素については未だに許可が出ていない。フォトレジストの輸出管理には問題がなく、フッ化水素の輸出管理には問題があることが浮き彫りになってしまったわけだ。日本政府がここまで意図していたとしたらあっぱれと言うより他はない。

韓国の聯合ニュースは19日、日本政府が韓国向けの輸出規制を7月に強化した半導体材料3品目のうち、感光剤の“レジスト”の輸出を許可したと伝えた。今回で2度目となる。

サムスン電子から発注を受けた日本のメーカーによる輸出という。聯合は、21日に中国の北京郊外で日韓外相会談が行われるのを前に、日本が“(肯定的な)メッセージ”を送ったとの見方が一部で出ていると報じた。

一方、フッ化水素などの材料の輸出は許可されていないため“依然として憂慮は残る”とする業界関係者の声も伝えた。

な。ここに至るまでフッ化水素の輸出許可が出てないことから、すでにフッ化水素の在庫は枯渇している可能性が非常に高い。低純度であれば韓国内から流せるかもしれないがサムスンの顧客が求める高品質さは到底満たすことができなくなるだろう。

フォトレジストだけ次々と許可が出てるのに、他の2品目については一向に許可が出ない現象についてどう思う?

ちなみにこれを見つけました。韓国に都合いいかのように思える記事なので一斉に元気になったかのようだね。

ブルームバーグ通信は、韓国が日本に暖房用燃料の輸出を禁止した場合、日本の家計の冬季暖房費負担が大幅に増加するという予想が出ました。

ブルームバーグ通信は、専門家や業界関係者を引用して、日本では冬場にストーブや温風器の燃料として灯油を使用するとし、全体消費量の90%は自国で生産するが、残りのほとんどは韓国から輸入すると報道しました。

それとともに、昨年の日本の灯油輸入量の79%を韓国産が占め、これは日本内の灯油需要の13%に達すると伝えました。

そこで、日本の精油会社も冬に備えて、早ければ8月から輸入を開始するとしました。

このため、日本の製油所の稼動が中断したり、酷寒が近づいた時、韓国が灯油の輸出まで禁止した場合、価格の高騰につながると予想しました。

また、日本が輸入先を中国やシンガポールなど他の国に変えることはできるが、高価な輸送費などの問題で容易ではないと指摘しました。

ブルームバーグ通信は、日本の石油会社も、事態の進展を注視しており、政治的状況の悪化に備えて灯油製品の国内生産を増やしたり、在庫量をより確保する方策を検討していると伝えました。
2回目で半導体材料の輸出許可!韓国向けのフッ化水素、未だに輸出許可出ず!韓国の次のターゲットは石油輸出 2回目で半導体材料の輸出許可!韓国向けのフッ化水素、未だに輸出許可出ず!韓国の次のターゲットは石油輸出 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 20, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.