SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

220品目が韓国サムスンに関わるものということになる!全て入れ替えるためタスクフォースを設置したですか

ホワイト国削除により220品目の輸出か厳しく管理されるそうだが、それらすべてを国産化したり他国から輸入するなど脱日本を計画しているという報道内容をサムスン自身が否定した。つまり日本製の材料がなければサムスンの工場はすべて止まるということだ。

サムスン電子は7日、同社が半導体製造工程に使われる日本製の素材や化学品を国内産や日本以外の国・地域で生産されたものと全て入れ替えるためタスクフォースを設置したとする韓国日報の報道を否定した。

サムスンの広報担当者は電話取材に対し、部品サプライヤーの分散化に取り組んでいるが、日本製の半導体材料を全て入れ替えることは目指していないとコメントした。

韓国日報は、サムスンが約220種類の日本製素材・化学品について代替品を探していると報じていた。

サムスンは最悪の状況を見据えて90日分の在庫を蓄えろと命令したが、まだホワイト国の施行までには時間があるので品目によってはもっと多く確保するかもね。


さらに、スマホ用有機ELディスプレーの大半を量産している韓国サムスンディスプレーにはDNPが供給している。これが止まったら、サムスンの有機パネル産業も止まりしますね。

大日本印刷、2019年4~6月期連結業績は増収増益だった。営業増益をけん引したのはエレクトロニクス部門。半導体用フォトマスクが堅調に推移したほか、有機EL(エレクトロルミネッセンス)ディスプレー製造用のメタルマスクが増加し、製品構成が改善した。

その“メタルマスク”だが、実際には有機ELのディスプレー製造用に欠かせない素材のようだ。

次世代スマートフォン(スマホ)用ディスプレーの本命として期待される有機ELディスプレー。韓国や中国のディスプレーメーカーが新工場や新ラインの建設計画を相次いで具体化させており、調査会社の予測では、2020年に現在主流のLTPS(低温ポリシリコン)TFT液晶を搭載率で上回り、スマホに最も搭載されるディスプレーになる可能性があるとされている。その有機ELディスプレーの高精細化・高解像度化を担うのが、RGB発光材料の蒸着工程に不可欠な蒸着用メタルマスクだ。

スマホ用有機ELの解像度は現在、5.5インチクラスで400ppi程度であり、同サイズのLTPSに遠く及ばないが、“3D用に1000ppi、VR(仮想現実)端末用に2000ppiがほしいという要望があると聞いている”(ディスプレー部材メーカー担当者)といい、現在のところ3つの方式で製造されるメタルマスクが開発競争にしのぎを削っている。その3方式とは、(1)エッチング、(2)電鋳、(3)ハイブリッドである。

現時点で、スマホ用有機ELディスプレーの量産に用いられているメタルマスクは、すべてエッチング方式で製造されている。参入メーカーは、大日本印刷(DNP)、凸版印刷、台湾のDarwin Precisions(達運精密工業)。

このなかで、スマホ用有機ELディスプレーの大半を量産している韓国サムスンディスプレーにはDNPが供給しているといわれ、メタルマスク市場で圧倒的なシェアを誇っている。Darwinは、台湾の大手ディスプレーメーカーであるAUOのグループ会社。AUOの有機ELディスプレー生産量はまだ少量だが、台湾HTCが開発・販売しているVR端末“VIVE”向けに供給しているとされる。

DNPは16年5月、メタルマスクを増産すると発表し、20年までに広島県の三原工場に60億円を段階的に投資して、生産能力を現状の3倍に引き上げる。有機ELディスプレーメーカーの積極的な設備増強計画に対応し、生産能力の拡張でシェアを拡大して、20年に売上高300億円を目指す。同社は電子デバイス産業新聞の取材に対して、“現在は技術の完成度からエッチング方式で製造しているが、さらなる高精細化への開発を継続して行っている”と述べている。
220品目が韓国サムスンに関わるものということになる!全て入れ替えるためタスクフォースを設置したですか 220品目が韓国サムスンに関わるものということになる!全て入れ替えるためタスクフォースを設置したですか Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 08, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.