SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国系のフォーエバー21が破産申請!今やそれ以上に重大な問題が韓国を覆いつつあるからな

アメリカの衣料企業フォーエバー21が、破産を申請するそうです。創業者の韓国系のドンチャンさんが株を持ち続けてて、そのせいで資金調達の交渉が難航しているのが理由だとか。

米カジュアル衣料のフォーエバー21は破産法の適用申請を準備している。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。保有現金が減少する中で立て直しに向けた選択肢が狭まりつつある。

同社は追加の資金調達で交渉を行い、債務再編に向けてアドバイザーのチームと取り組んできたが、潜在的な貸し手との交渉はこれまでのところ行き詰まっているという。このため、破産回避へ土壇場で合意する可能性は残っているものの、焦点は連邦破産法11条の適用申請に向けたつなぎ融資(DIPファイナンス)の確保に移っている。

交渉の部外秘を理由に匿名で語った関係者は、破産申請が不採算店舗の閉鎖と資本増強に道を開くと説明した。フォーエバー21の担当者にコメントを求めたが返答はない。

共同創業者ドン・チャン氏が支配株を保持する方針を続けているため、資金調達の選択肢が限られている。

1984年創業のフォーエバー21は米欧、アジア、中南米で800を超える店舗を運営している。

21がフォーエバーじゃなくなった時点で朝鮮半島の運命もどうなるか何となく分かってきたね。29日になってようやくフッ化水素の輸出許可が出たようだが今やそれ以上に重大な問題が韓国を覆いつつあるからな。

ちなみに韓国産業通商資源部の当局者は29日、“きょう日本がフッ化水素の輸出1件を許可したことを(半導体)業界で確認した”と伝えた。

日本企業が韓国向け輸出許可を申請したのは先月4日前後で、輸出先はサムスン電子とされる。正確な輸出量や純度などはまだ確認できていない。

回路を形成に必要なもう一つの必須素材フォトレジストは、二度の輸出が許可されたことがありますが、高純度フッ化水素は初めてです。

今回、日本政府が輸出を許可したフッ化水素は、半導体製造において欠かせない素材です。

そのため、先月の輸出規制措置以降、サムスン電子とSKハイニックスなど国内の半導体企業は、高純度のフッ化水素の確保に力を注いできました。

ただし、日本政府は事実関係の確認に応じていない。
韓国系のフォーエバー21が破産申請!今やそれ以上に重大な問題が韓国を覆いつつあるからな 韓国系のフォーエバー21が破産申請!今やそれ以上に重大な問題が韓国を覆いつつあるからな Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 30, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.